ユーカリ・マージナータ(ジャラ) – ジャラハニーで有名な木 – 取り扱い植物の説明と育て方

学名:Eucalyptus marginata
英名:Jarrah, Swan River mahogany

ユーカリ・マージナータ

ユーカリ・マージナータとは

ユーカリ・マージナータは白い花を咲かせ、銀色を帯びた卵型の葉をもつ、大型のユーカリです。
種小名の「マージナータ」はラテン語の「縁取られた」に由来し、「葉の縁」に関連していると考えられています。
深みのある赤みと印象的な木目から、木材はウッドデッキやワインラックなどの家具や楽器に利用されることがあります。
また、蜂蜜用としても有名であり、黒蜜のような味わいがある蜂蜜は、ジャラハニーとして販売されています。
かつて、アボリジニは葉や樹皮を疾病の治療用としても利用しました。
生育地では、山地や渓谷の湿った土壌などで見られます。

生育地:西オーストラリアの南西部に生育

樹高:30~50m程度

育て方

暑さには強いですが、寒い時期はなるべく-5度以上で管理ください。
冬の強い寒波には当てないように注意してください。

様々な土壌で育ちますが、水はけのよい土で育てるのが望ましいです。
水やりは、水を切らさないように土の上部が乾いたら水を上げます。
土の湿りすぎは根腐れを引き起こすため、水のやりすぎには注意してください。

※耐寒性等の耐性は、育成する地域の気候や環境変化にもよるため、様子を見ながら管理ください。



<注記>
・本情報は、当店の経験や、生息地の環境、調査情報をもとに掲載をしておりますが、全てが正解ではない場合もあります。
 耐寒性などの耐性は、成長度合いのほか、育成する地域の気候や環境変化(暑さや寒さの期間・湿度変化・寒暖差など)によって異なるケースがありますことをご了承ください。
 もしもお気づきの点がありましたらご連絡ください。
・植物全てに関することになりますが、地植えなどの野外で育成するときには注意が必要です。
 植物によっては、別の土地へ自生して侵略種になり得ますので、管理できる状態を維持してください。

目次