ペトペンチア・ナタレンシス (イシュノレピス・ナタレンシス) – 取り扱い植物の説明と育て方 – 南アフリカのツル性コーデックス

学名:Petopentia natalensis
シノニム:Ischnolepis natalensis
英名:Propeller vine

ペトペンチア・ナタレンシス

ペトペンチア・ナタレンシスとは

ペトペンチア・ナタレンシスは南アフリカ原産のツル性の塊根植物(コーデックス)です。
プロペラ・バイン(ツル)とも呼ばれます。
数m以上になる木ですが、大きくせずに観葉植物や盆栽として仕立てられています。
過去には別の属に含まれていましたが、イシュノレピス・ナタレンシスが現在の学名とされます。
また、ガガイモ科に含まれることがありましたが、キョウチクトウ科とされています。

生育地:南アフリカに生育

樹高:3~8m程度

育て方

ある程度の耐暑性はありますが、暑い時期の直射日光には注意が必要です。
冬は寒波に当てず、霜が降りない、おおよそ5度以上の環境で育ててください。

土は乾燥気味にし、土の上~中部が乾いた水を与えます。
春から秋の成長期には、水を早く吸うことがあるため、水を完全に切らさないように注意します。
冬などは、水を吸う速度は遅くなりますので、それを考慮して、水やりは最低限にします。
過度な土の湿りすぎは植物を弱らせるため、注意してください。
夏などの高温多湿は好まないため、空気が滞留する場所は避け、多湿にならないよう風通しの良い場所で管理ください。
梅雨などの連日の雨には特に注意してください。
冬を含め、年中、日当たりの良い明るい環境で育てることが望ましいです。

※耐寒性等の耐性は、育成する地域の気候や環境変化にもよるため、様子を見ながら管理ください。



<注記>
・本情報は、当店の経験や、生息地の環境、調査情報をもとに掲載をしておりますが、全てが正解ではない場合もあります。
 耐寒性などの耐性は、成長度合いのほか、育成する地域の気候や環境変化(暑さや寒さの期間・湿度変化・寒暖差など)によって異なるケースがありますことをご了承ください。
 もしもお気づきの点がありましたらご連絡ください。
・植物全てに関することになりますが、地植えなどの野外で育成するときには注意が必要です。
 植物によっては、別の土地へ自生して侵略種になり得ますので、管理できる状態を維持してください。

目次