ザントロエア・プレイシー (グラスツリー / バルガ) – 取り扱い植物の説明と育て方 – オージープランツ、観葉植物

学名:Xanthorrhoea preissii
英名:Balga

ザントロエア・プレイシー

ザントロエア・プレイシー とは

ザントロエア・プレイシー はオーストラリア原産の観葉植物であり、シンボルツリーとしても利用されます。
多年草ですが、年数を重ねると、基部が塊のような幹になります。
先住民のヌーンガー族は「バルガ」と呼んで、食料源や薬用、木材や接着剤として活用しました。
生育地であるオーストラリアの山火事でにも耐え、黒く焦げた幹になり、新たな葉が生えていきます。
かつて、オーストラリアの入植者は、黒くなった幹から長い花穂が伸びる様を、槍を持った先住民と重ねて、「ブラックボーイ」と呼びました。
ザントロエアは数百年以上になる長寿の木です。
長命な分、成長はゆっくりです。

生育地:オーストラリア南西部に生育

樹高:1~3m程度

育て方

ザントロエア・プレイシー

耐暑性があります。
寒い時期は、強い寒波に当てず、おおよそ-5度以上で育ててください。

土は乾燥気味にし、土の上~中部が乾いた水を与えます。
春から秋の成長期には、水を早く吸うことがあるため、水を完全に切らさないように注意します。
冬などは、水を吸う速度は遅くなりますので、それを考慮して、水やりは最低限にします。
過度な土の湿りすぎは植物を弱らせるため、注意してください。
夏などの高温多湿は好まないため、空気が滞留する場所は避け、多湿にならないよう風通しの良い場所で管理ください。
梅雨などの連日の雨には特に注意してください。
冬を含め、年中、日当たりの良い明るい環境で育てることが望ましいです。

※耐寒性等の耐性は、育成する地域の気候や環境変化にもよるため、様子を見ながら管理ください。



<注記>
・本情報は、当店の経験や、生息地の環境、調査情報をもとに掲載をしておりますが、全てが正解ではない場合もあります。
 耐寒性などの耐性は、成長度合いのほか、育成する地域の気候や環境変化(暑さや寒さの期間・湿度変化・寒暖差など)によって異なるケースがありますことをご了承ください。
 もしもお気づきの点がありましたらご連絡ください。
・植物全てに関することになりますが、地植えなどの野外で育成するときには注意が必要です。
 植物によっては、別の土地へ自生して侵略種になり得ますので、管理できる状態を維持してください。

目次