ニコチアナ・ラングスドルフィー – 取り扱い植物の説明と育て方 – 南米の花

学名:Nicotiana langsdorffii
英名:Langsdorff's tobacco plant

ニコチアナ・ラングスドルフィー

ニコチアナ・ラングスドルフィー とは

ニコチアナ・ラングスドルフィー はブラジル原産のニコチアナ属の多年草です。
寒い地域では、一年草として栽培されます。
鐘形のライムグリーンの花を咲かせます。
「英国王立園芸協会」からは「ガーデンメリット賞」を授与されており、庭での植栽で優れた植物だと評価されています。
加えて「ポリネーター(花粉媒介者)のための植物」と指定され、ミツバチやチョウ等が訪れることができる植物として評価されています。
種子名である「ラングスドルフィー 」は、1800年代のロシア外交官であり博物学者である「ゲオルク・フォン・ラングスドルフ」にちなんで名付けられました。

生育地:ブラジルに生育

樹高:0.5m程度

育て方

ニコチアナ・ラングスドルフィー

耐暑性があります。
1年以上、育てる場合、霜が降りない、おおよそ0度以上の環境で育ててください。

様々な土壌で育てられますが、水はけのよい土で育てることが望ましいです。
水やりは、水を切らさないように、土の上部が乾いたら水を与えます。
土の湿り過ぎは根腐れを引き起こすため、水の与え過ぎには注意してください。
なるべく風通しの良い場所で管理してください。

※耐寒性等の耐性は、育成する地域の気候や環境変化にもよるため、様子を見ながら管理ください。

ニコチアナ・ラングスドルフィー


<注記>
・本情報は、当店の経験や、生息地の環境、調査情報をもとに掲載をしておりますが、全てが正解ではない場合もあります。
 耐寒性などの耐性は、成長度合いのほか、育成する地域の気候や環境変化(暑さや寒さの期間・湿度変化・寒暖差など)によって異なるケースがありますことをご了承ください。
 もしもお気づきの点がありましたらご連絡ください。
・植物全てに関することになりますが、地植えなどの野外で育成するときには注意が必要です。
 植物によっては、別の土地へ自生して侵略種になり得ますので、管理できる状態を維持してください。

目次