アカシア・アンキストロカルパ(フィッシュフック・アカシア) – 釣り針のミモザ – 取り扱い植物の説明と育て方

学名:Acacia ancistrocarpa
英名:Fitzroy wattle, Shiny leaved wattle

アカシア・アンキストロカルパ

アカシア・アンキストロカルパとは

アカシア・アンキストロカルパはミモザ(アカシア)の中でも小型の種類であり、黄色い花を咲かせ、オリーブグリーンの細長い葉と滑らかな灰色の樹皮を持ちます。
種小名の「アンキストロカルパ」はギリシャ語の「アンキストロン(釣り針)」と「カルポス(果物)」に由来します。
これは、実の先端が鉤状になっていることを表しています。
そのため、「フィッシュフック・アカシア」とも呼ばれます。
かつては、先住民族が薬用としても使用していました。
生育地では、平地や川沿い、岩地などの砂質の土壌で生育しています。

原産地:オーストラリア西部や北部に生育

樹高:1~4m程度

育て方

アカシア・アンキストロカルパ

暑さには強いですが、寒さには若干弱いため、なるべく0度以上で管理ください。
冬は寒波に当てず、霜がかからない環境で育ててください。

水はけのよい土で育て、なるべく粘土質の土は避けてください。
乾燥には強いものの、春から秋の成長期には水を早く吸うことがあるため、土の上~中部が乾いたらたっぷり水を与えます。
過度な土の湿りすぎは根腐れを引き起こすため、注意してください。

種子の発芽方法(種まき前の前処理)

(1)熱湯に浸け、12時間水に浸す
 ⇒熱湯に浸ける手法は解説ページにも掲載

※本情報は、当店の取り扱い種子に関する情報です。
※種まき時期の目安は平均気温18~25度です。



植物の在庫状況

当店では植物の鉢もの・苗木、種子を販売しております。

鉢もの・苗木の在庫状況

苗木 : 要問い合わせ



<注記>
・本情報は、当店の経験や、生息地の環境、調査情報をもとに掲載をしておりますが、全てが正解ではない場合もあります。
 例えば、耐性温度や育て方等は、育成する周辺環境や気候(温度や湿度の変化や風の流れ等)によって異なるケースがありますことをご了承ください。
 もしもお気づきの点がありましたらご連絡ください。
・植物全てに関することになりますが、地植えなどの野外で育成するときには注意が必要です。
 植物によっては、別の土地へ自生して侵略種になり得ますので、管理できる状態を維持してください。

目次