ニュースや日々の雑記 – 生花や植物 – KUGEL

ここでは、生花や鉢ものに関するニュースや雑記、季節に応じた植物の様子などを掲載しています。

目次

ユーカリの芽吹き

24・5・17

少しずつ暖かくなり、ユーカリが元気よく芽吹いています。
写真は、ロブスタ、カマルドレンシス、ポポラス。

見事に真っ赤に染まっている木もあります。
同じ種類でも、芽吹きの色合いには差があるのも、ユーカリの奥深いところです。

ナンジャモンジャの鉢物の花

24-05-17

ナンジャモンジャ  
和名 ヒトツバタゴ

白い雪のような花がいっぱい咲きます。
名前の由来は諸説あるようです。
. “何でふ物ぢゃ” ナンジャモンジャ
となったとか。

生花の育成に専念しています

24-04-19

鉢物の販売も続けていますが、
畑にいる時間が増えたため
ご迷惑おかけしていますが
居る時にあわせてご来店いただいたりしている状況です。

こちらもアカシア
垂れるタイプ
圧巻です。

出荷後の残ったお花達のアレンジ

24-04-19

花水木、オオデマリ、モッコウバラ
出荷後の残ったお花達

つくし

24-04-05

ユーカリの畑での出会い
今日は土筆
仕事そっちのけで採りたかった❗
無農薬です。食べれます。
私的には煮物にして卵とじ
少しほろ苦いところがなんとも美味です。

クリスマスローズ

24-03-28

クリスマスローズ

少し下向き加減がかわいい花

今年もたくさん花をつけてくれました。
キチョウの冬越しにも役にたっているようです。

畑仕事の合間の癒し

24/3/15

畑仕事の合間の癒し?楽しみです。
虫などお好きでない方には意味不明でしょうが。
Googleレンズで名前を調べるのも結構楽しいひとときです。

冬の池でよく見るカルガモ

アロエの注文で切っていたら葉の間で土バッタが冬越し

冬の真っ只中でも新芽を出すソルトブッシュ

2024/1

種子としても販売している、ソルトブッシュを地植えしています。

伸び切った枝を剪定して生花として出荷したので、冬の始めには葉が無くなっていましたが、1月始めの冬の真っ只中で新芽を出し始めました。

暖冬とはいえ、マイナスになる日もありますが、ソルトブッシュの生命力が感じられます。
冬でも緑が感じられるのはいいですね。

新芽は、銀色帯びた、シルバーグリーンの芽で、形も整っています。
伸び切ってしまうと見栄えはよくないので、園芸用としては、伸び切った枝は定期的に剪定するのがポイントかもしれません。

牧野植物図鑑

2024/1/15

あれ?もしかしてこれ朝ドラのあの牧野植物図鑑では‼️
いつもそこにあったのに全然気が付かなかった。
父が以前花関連の繋がりで買わされた結構お高い本でしたが
今さら気が付くなんて…
今年はゆっくりと拝読させていただきます。

小さな柚子

2023/12/22

4~5cm位の小さな柚子
小さいけれどちゃんと柚子です。
去年は柚子ジャムを鍋一杯作りましたが
小さいので種と果肉、皮に分けるのに
結構な手間がかかりました。

この冬は切り花として出荷。
しばらく枝ものとして飾って
今日は柚子風呂に浮かべていただけていたら
幸いです。

ミツバアケビ

2023/10/30

紫がとても美しい。
今朝気が付くと全部割れていました。
完熟‼️

様々なミモザが開花しています

2022/6

何種類ものアカシアの苗木や地植え木があります。
3月半ば頃より咲き始め、順番に咲きました。
先ずは銀葉アカシア、プルプレア、そして人気のパールアカシア、少し遅れてナガバアカシア、アカシアサリグナ、最近ではモリシマアカシアが咲きました。
アカシアではありませんが、銀合歓(ギンゴウカン)も咲いています。

ブラキキトンとユッカ苗

2022/3

店舗の外の落葉樹はまだ葉がなく寂しい様子ですがミモザアカシアやパールアカシアがそろそろ咲く準備に入っています。
ブラキキトン、ユッカの苗も順調に育っており、販売することになりました。
ブラキキトン・ルペルトリス、オーストラリス、ビドウィリー、ポプルネウス
ユッカ・グラウカ、イトラン、バナナユッカの実生苗が揃っています。
小さい苗から育てながら成長を楽しんでみてください。

ココスヤシ

2021/3

何年も放ったらかしだったココスヤシ。造園屋さんにお願いして散髪していただきました。
剪定前の写真を撮り忘れましたがボサボサですごいことになっておりました。パイナップルの頭のようになってスッキリしました。KUGELにお越しの際は是非目印に。

春です

2021/3

鉢植えのしだれ桜が気が付くと咲いていました。
春です!

ドウダンツツジの紅葉

2020/11

深まりゆく秋を感じますね。
自然の持つ美しさは本当に素敵です。
四季折々の季節の変化を楽しませてくれる日本に生まれて幸せだなぁと思う今日このごろです。

今年発芽の針葉樹苗

2020/9

左よりセコイアデンドロン、アメリカカラマツ、アレッポマツ。
苗の間はほぼ違い分からないですがなんとも可愛い姿です。
名札を外すときっとどれがどれか判別できないですね。
こんな小さい芽がマツや杉の大木になるとは驚かされます。

ユーカリやアカシア、珍しい苗物販売中

2020/9

ユーカリやアカシア、メラレウカ、ボトルツリー、ユッカなどの苗、苗木を販売しております。
珍しい苗木など、どんな花が咲くのか分からないものは花の写真付きのプレートを付けて分かりやすくしました。

あっという間に5月

2025/5

世の中がスッキリとしない間に あっという間に5月になってしまいました。
この前、アカシア・ソウシジュ(相思樹)の苗を買いに来てくださった方がありました。
また、別の日にはユーカリ・オレンジガム、ユーカリ・コルヌータ2種類の苗とユーカリの種を買って頂きました。
お二方とも、すごくうれしそうにお話ししてくださり、私たちまでうれしい気持ちになりました。

当店では、他にもコニファー、メラリューカ、ヒバ、ロシアンオリーブ、ユーカリ、アカシアなどの苗を扱っています。

カポックとプルメリア

2020/5

先日ご来店のお客様宅へ カポックとプルメリアをお届けにあがりました。
カポックの丸い葉は人の気を落ち着かせ、また、上向きの葉は“陽”の気を発すると言われていて、リビングに置くと家庭円満や安らぎを与えてくれるそうです。
プルメリアは、可愛らしく優美な花姿と上品な香りから 気品・恵まれた人という花言葉があり、ハワイなどではレイに使われることが多く敬愛や幸運の象徴として親しまれています。
このふたつの植物達が、素敵なご夫婦のもとで 幸せのシンボルツリーとして育って行ってくれることが本当に嬉しく思います。

目次