アカシア 金合歓(アカシア・ファルネシアナ)- 花木の紹介

金合歓(アカシア・ファルネシアナ)は、甘い香りの花を咲かせるアカシアの仲間です。
丈夫で育てやすく、花や姿形も風情があり、長く花が見られるので、おすすめの花木です。

「スウィート・アカシア(Sweet Acacia)」とも呼ばれ、花は黄色い花からは 甘い香りがします。
フランス語では「カシー(cassie)」といわれ、花の精油は、スイートアカシア花油「カッシー油」として珍重され、ヨーロッパでは香水にも使われています。

小柄でも(樹高が1~2m程度でも)、多くの花を咲かせてくれます。

更に、春に開花した後、秋にも開花するので、年2回の開花を楽しむことができます。
(気候・環境によっては異なる可能性はあります。)

加えて、開花が始まると、少し時期をずらして、同じ木から別の花が順番に咲いていきます。
そのため、1ヶ月以上にわたり、花が見られることもあります。

丈夫で育てやすいことも特徴です。
寒さには弱いものの、当環境では、冬は時々氷点下になることもありますが、年中、屋外で育てています。

<当店では植物の鉢物や種子などを販売しております。>

目次

花の時期 – 2024年4月~5月

今年は4月の中旬から5月にかけて、金合歓の花が開花しました。
「スウィート・アカシア」の名前の通り、花には甘い香りがあります。
1m~2m程度の樹高でも、多くの花を付けています。

夕方に葉は閉じるので、そのときは独特の様子になります。

花は、終わりを迎えると、白くなり散ります。
終わりごろの白いふわふわした様子も、見どころです。

蕾の時期 – 2024年3月

銀葉アカシアやパールアカシア等のメジャーなアカシアが満開の時期になりました。
金合歓は、今は蕾が膨らんでいる時期です。

葉が無い枝に、蕾が膨らんでいる様子には趣があります。

もうすぐ金合歓の開花が始まります。

秋にも開花しました – 2021年10月

来季までは咲かないと思っていた金合歓、そして銀合歓の花が咲いています。
春は先ず金合歓が咲き、その後銀合歓が咲き出したのですが、今秋は両方同時に咲いています。
金合歓の甘い香りの黄色い花と、銀合歓の白いまあるい花がとても可愛いです。

開花しました – 2021年3月

アカシア・キンゴウカンの花が始めて咲きました。
寒さには弱いということですが、戸外で冬を越したため、葉をほぼ落としてしまい、枯れてしまったかと思っていました。
蕾をもち花が咲き始め、10鉢ほどありますが全部生存していました。
本来はかわいい葉と花が両方楽しめるところ、花のみが枝についている感じです。

可愛い花芽 – 2020年12月

金合歓に、たくさんの花芽がついていて、その花芽もとても可愛いです。
来年には、たくさんの黄色い可愛い花が咲いてくれるのが楽しみです。

参考記事

アカシア・ファルネシアナ(金合歓(キンゴウカン)) – 精油や香水で有名なミモザ – 取り扱い植物の説明と育て方

詳しい説明や育て方を掲載しています。

目次