ユーカリ・ルビダ – 蝋燭の樹皮 – 取り扱い植物の説明と育て方

学名:Eucalyptus rubida
英名:Candle bark

ユーカリ・ルビダ

ユーカリ・ルビダとは

ユーカリ・ルビダは丸身のある卵型の葉と、赤みの帯びた枝や樹皮を持つ、中~大型のユーカリです。
生育地では、丘や台地の乾燥した森林に生育しています。
種小名の「ルビダ」はラテン語の「赤みがある」を意味し、赤みのある樹皮を示しています。
「キャンドル・バーグ(蝋燭の樹皮)」とも呼ばれ、樹皮が「炎が灯った蝋燭が溶けている様子」にも見える樹皮(剥がれ具合)を示していると考えられます。

生育地:オーストラリア南東部やタスマニア島に生育

樹高:10~40m程度

育て方

耐暑性および耐寒性があります。
寒い時期は、なるべく-10度以上で育ててください。

様々な土壌で育ちますが、水はけのよい土で育てるのが望ましいです。
水やりは、水を切らさないように土の上部が乾いたら水を上げます。
土の湿りすぎは根腐れを引き起こすため、水のやりすぎには注意してください。

※耐寒性等の耐性は、育成する地域の気候や環境変化にもよるため、様子を見ながら管理ください。



<注記>
・本情報は、当店の経験や、生息地の環境、調査情報をもとに掲載をしておりますが、全てが正解ではない場合もあります。
 耐寒性などの耐性は、成長度合いのほか、育成する地域の気候や環境変化(暑さや寒さの期間・湿度変化・寒暖差など)によって異なるケースがありますことをご了承ください。
 もしもお気づきの点がありましたらご連絡ください。
・植物全てに関することになりますが、地植えなどの野外で育成するときには注意が必要です。
 植物によっては、別の土地へ自生して侵略種になり得ますので、管理できる状態を維持してください。

目次