フィロデンドロン・セローム – 観葉植物の紹介

フィロデンドロン・セローム は、ヒトデカズラ(海星葛)とも呼ばれる観葉植物です。
セロームを飾ると、既成概念で物事を考えない自由な発想ができると言われ、縁起の良い木なので、贈り物にも喜ばれます。

<当店では植物の鉢物や種子などを販売しております。>

目次

いまにも歩きだしそう – 2021年5月

幾重にも葉が分かれている特徴的な葉は、どこか異国感溢れるそんな雰囲気になれる、観葉植物です。
茎は太く、根元からクイッと立ち上がる元気な姿は、まるで精霊のようでいまにも歩きだしそうです。

エキゾチックな雰囲気 – 2020年12月

切れ込みの入った大きな葉。
突起の生えた幹。
幹の途中から出た気根。
独特なエキゾチックな雰囲気を醸し出す“セローム”。
なかなかの迫力です!!
また、和名はその葉の通り「ヒトデカズラ」
ギリシャ語では「愛する樹木」だそうです。

フィロデンドロン・セローム – 2020年11月

素敵な名前の由来がある観葉植物です。
フィロデンドロンとは、ギリシャ語で、”phileo”が「愛する」、“dendron”が「木」という・・・
本来は“木を愛する”という意味で、周りの木に寄り添って成長することから名付けられたそうです。
また、セロームを育てると既成概念に囚われることなく 自由な発想できるようになるといわれます。
和名は、「ヒトデカズラ(海星葛)」

目次