ユーカリ・オルビフォリア(ハートリーフユーカリ) – ハートリーフ – 取り扱い植物の説明と育て方

学名:Eucalyptus orbifolia

ユーカリ・オルビフォリア

ユーカリ・オルビフォリアとは

ユーカリ・オルビフォリアは青みのあるハート形の葉を持つ、小~中型のユーカリです。
種小名の「オルビフォリア」は、ラテン語の「丸い葉」に由来し、ラウンドリーフ(丸葉)マリーとも呼ばれます。
観賞用としても利用され、日本では、ハートリーフユーカリは、この種類を指すこともあれば、別の種類のこともあります。
生育地では、山地や岩場などの砂質状の土壌で見られます。

背丈が高くなるに従い、葉は卵型になります。
一般的には、成長しても、低い範囲から伸びる葉枝は、卵型や長葉になりにくいケースがあります。
そのため、元の葉を保つに、背の高い範囲を剪定する方法が考えられます。

生育地:オーストラリア南西部の内陸部に生育

樹高:3~8m程度

育て方

ユーカリ・オルビフォリア

暑さには強いですが、寒い時期はなるべく-5度以上で管理ください。
冬の強い寒波には当てないように注意してください。

水はけのよい土で育て、なるべく粘土質の土は避けてください。
水やりは、土の中部が乾いたら水を与えます。
土の湿りすぎは根腐れを引き起こすため、水のやりすぎには注意してください。
また、夏は乾燥して暑い環境で生育している植物です。
春から秋の湿度が高い時期には、湿度が高くない環境(風通しの良い場所など)で管理してください。
連日の雨などの高い湿度になる日には特に注意してください。
冬を含め、日当たりの良い場所で育てることが望ましいです。

※耐寒性等の耐性は、育成する地域の気候や環境変化にもよるため、様子を見ながら管理ください。



<注記>
・本情報は、当店の経験や、生息地の環境、調査情報をもとに掲載をしておりますが、全てが正解ではない場合もあります。
 耐寒性などの耐性は、成長度合いのほか、育成する地域の気候や環境変化(暑さや寒さの期間・湿度変化・寒暖差など)によって異なるケースがありますことをご了承ください。
 もしもお気づきの点がありましたらご連絡ください。
・植物全てに関することになりますが、地植えなどの野外で育成するときには注意が必要です。
 植物によっては、別の土地へ自生して侵略種になり得ますので、管理できる状態を維持してください。

目次