ユーカリ・レグナンス(マウンテン・アッシュ) – 君臨するユーカリ – 取り扱い植物の説明と育て方

学名:Eucalyptus regnans
英名:Mountain ash

ユーカリ・レグナンス

ユーカリ・レグナンスとは

ユーカリ・レグナンスは緑色の槍状の葉を持ち、ユーカリの中でも、もっとも樹高の高いユーカリです。
樹高は、針葉樹のセコイアに次ぐ樹高になり、ユーカリ・被子植物の中ではトップレベルの樹高です。
種小名の「レグナンス」は、ラテン語の「支配する」や「君臨する」に由来し、堂々とした高さの樹形を示すと考えられます。
木材として有名なトネリコに似ているため、マウンテン・アッシュ(トネリコ)とも呼ばれます。
タスマニアオークと呼ばれる木材の一種類であり、建築用や製紙などに広く利用されています。
原産地のオーストラリア以外にも、ニュージーランドやアフリカなどで栽培されています。

生育地:オーストラリアの南東部やタスマニア島の森林などの湿った肥沃な土壌に生育

樹高:70~110m程度

育て方

暑さには強いですが、寒い時期はなるべく-5度以上で管理ください。
冬の強い寒波には当てないように注意してください。

様々な土壌で育ちますが、水はけのよい土で育てるのが望ましいです。
水やりは、水を切らさないように土の上部が乾いたら水を上げます。
土の湿りすぎは根腐れを引き起こすため、水のやりすぎには注意してください。

※耐寒性等の耐性は、育成する地域の気候や環境変化にもよるため、様子を見ながら管理ください。



<注記>
・本情報は、当店の経験や、生息地の環境、調査情報をもとに掲載をしておりますが、全てが正解ではない場合もあります。
 耐寒性などの耐性は、成長度合いのほか、育成する地域の気候や環境変化(暑さや寒さの期間・湿度変化・寒暖差など)によって異なるケースがありますことをご了承ください。
 もしもお気づきの点がありましたらご連絡ください。
・植物全てに関することになりますが、地植えなどの野外で育成するときには注意が必要です。
 植物によっては、別の土地へ自生して侵略種になり得ますので、管理できる状態を維持してください。

目次