セイヨウトウキ(アンジェリカ・アークアンジェリカ) – 天使のハーブ – 取り扱い植物の説明と育て方

学名:Angelica archangelica

セイヨウトウキ

セイヨウトウキとは

セイヨウトウキはセリ科の2年草の草花・ハーブです。
精油としてアロマオイルや化粧品、香料としてケーキやキャンディなどにも利用されることがあります。
10世紀頃の中世ヨーロッパの時代から栽培され、料理や香料、薬用として栽培されてきました。
「アンジェリカ」はラテン語の「天使」、種小名の「アークアンジェリカ」は古フランス語やギリシア語の「大天使」に由来します。
ヨーロッパの伝説では、大天使ミカエルがアンジェリカの薬としての効用を示した、伝えられています。
生育地では、湿原や山地に生育しています。
※セリ科は外見が類似しており、一部混在の可能性も0ではなく、アンジェリカ自体にも毒性があることから、素人の食用は止めてください。

生育地:北欧や中欧、ロシアなどに生育

樹高:1~2m程度

育て方

セイヨウトウキ

涼しい気候を好むため暑さには若干弱いです。
暑い時期には高温多湿や直射日光を避け、風通しよい涼しい環境で育ててください。
(2年草です。)

水はけのよい土で育て、なるべく粘土質の土は避けてください。
水やりは、土が乾燥しないように、土の上部が乾いたら水を与えます。
(※水の与えすぎは根腐れを招きますので、過度に与えすぎないようにしてください。)

※耐寒性等の耐性は、育成する地域の気候や環境変化にもよるため、様子を見ながら管理ください。



<注記>
・本情報は、当店の経験や、生息地の環境、調査情報をもとに掲載をしておりますが、全てが正解ではない場合もあります。
 耐寒性などの耐性は、成長度合いのほか、育成する地域の気候や環境変化(暑さや寒さの期間・湿度変化・寒暖差など)によって異なるケースがありますことをご了承ください。
 もしもお気づきの点がありましたらご連絡ください。
・植物全てに関することになりますが、地植えなどの野外で育成するときには注意が必要です。
 植物によっては、別の土地へ自生して侵略種になり得ますので、管理できる状態を維持してください。

目次