アカシア・ステノフィラ (シューストリング・アカシア ) – 取り扱い植物の説明と育て方 – 糸葉の枝垂れるミモザ

学名:Acacia stenophylla
英名:Shoestring acacia

アカシア・ステノフィラ

アカシア・ステノフィラとは

アカシア・ステノフィラは青みのある糸葉が独特で、美しい、中型のミモザ(アカシア)です。
とても細長い葉を持ち、枝垂れる様子は柳のようにも見える、一風変わったアカシアです。
春から夏、夏から秋の長い期間にわたり、ポンポン状の丸い小さな花が見られます。
乾燥地や亜乾燥地に生育しており、生育地で生じる大雨や霜の激しい環境にも耐える丈夫な種類です。
種小名の「ステノフィラ」は、ギリシャ語の「ステノス(狭い)」と「フィロン(葉)」に由来し、細長い葉を表しています。
別名の「シューストリング」は「靴紐(のように細長い)」という意味になり、確かに「紐」のような葉です。

比較的、成長が早くて丈夫で、育てやすい種類です。

成長度合いは、環境によりますが、1年目で大よそcmです。

生育地:オーストラリアの中央部と東部に生育

樹高:4~10m程度

育て方

アカシア・ステノフィラ

耐暑性があります。
寒い時期は、強い寒波に当てず、おおよそ-5度以上で育ててください。

様々な土壌で育てられますが、水はけのよい土で育てることが望ましいです。
水やりは、水を切らさないように、土の上部が乾いたら水を与えます。
土の湿り過ぎは根腐れを引き起こすため、水の与え過ぎには注意してください。
なるべく風通しの良い場所で管理してください。
冬を含め、年中、日当たりの良い明るい環境で育てることが望ましいです。
成長度合いは、成長が比較的早く、鉢が小さいと根詰まりしやすいので注意してください。
アカシアはマメ科の植物であり、一般的に、空気中から窒素を固定して、生育に利用します。
そのため、窒素が多く含む肥料や培養土は避けてください。
肥料を過度に与えすぎると、逆に、弱らせることになりますので、注意してください。
肥料を与える場合には、窒素が少ない肥料を年に1~2回程度、控えめに与えると良いでしょう。

※耐寒性等の耐性は、育成する地域の気候や環境変化にもよるため、様子を見ながら管理ください。

アカシア・ステノフィラ
アカシア・ステノフィラ


<注記>
・本情報は、当店の経験や、生息地の環境、調査情報をもとに掲載をしておりますが、全てが正解ではない場合もあります。
 耐寒性などの耐性は、成長度合いのほか、育成する地域の気候や環境変化(暑さや寒さの期間・湿度変化・寒暖差など)によって異なるケースがありますことをご了承ください。
 もしもお気づきの点がありましたらご連絡ください。
・植物全てに関することになりますが、地植えなどの野外で育成するときには注意が必要です。
 植物によっては、別の土地へ自生して侵略種になり得ますので、管理できる状態を維持してください。

植物の紹介記事

アカシア・ステノフィラの植物の様子の紹介

植物の様子や、個性や魅力を紹介しています。

目次