クリスマスキャンドルスティック(ライオンズイヤー) – 花木の紹介

クリスマス・キャンドルスティックは、オレンジ色の独特の花を咲かせる、熱帯の花(1年生草)です。
日本でもすくすく育ち、あっという間に背丈を超える背の高い花です。
晩夏から秋にかけて花を咲かせてくれます。
(熱帯の地域では、多年草です。)

<当店では植物の鉢物や種子などを販売しております。>

目次

秋の訪れの花 – 2023年10月

今年も沢山のクリスマスキャンドルスティックが開花しています。
すっかりと、秋の訪れから冬の始まりまでを感じさせる花になりました。
8月下旬から2~3ヶ月間にわたり咲いていて、長く花を見られるのも魅力の一つです。

背がどんどん伸びて開花 – 2022年9月

今年もクリスマスキャンドルスティックの背がどんどん伸び、160㎝以上になりました。
下から見上げると丸い球体が何とも可愛いい表情をしています。
まだまだ節目から枝を伸ばして花を咲かせてくれそうです。

こぼれ種がひとりばえ – 2021年9月

昨年植えたクリスマスキャンドルスティックのこぼれ種がひとりばえしました。
気が付くとどんどん伸びて2mに。

花が咲きました – 2020年11月

春遅くに蒔いたクリスマスキャンドルスティックの花が咲きました。
芽が出てからずっとポット苗の状態にしておいたため、なかなか大きくならなかったので思い切って地植えにしたところ、最近やっと咲き始めました。
寒さにはあまり強くないということなのですが、できれば名前の通りクリスマスまで咲いてくれるかな~っと願っています。。

参考記事

クリスマス・キャンドルスティック(ライオンズイヤー) – 熱帯の1年草 – 取り扱い植物の説明と育て方

詳しい説明や育て方を掲載しています。

目次