ポロウニア・フォーチュニー(ドラゴンツリー) – 紫色みのある白い花 – 取り扱い植物の説明と育て方

学名:Paulownia fortunei
英名:Dragon tree, Fortune's empress tree

ポロウニア・フォーチュニー

ポロウニア・フォーチュニーとは

ポロウニア・フォーチュニーは薄いパープル色を帯びた白色の花を咲かせる、桐の木です。
「ドラゴンツリー」や「フォーチュン・エンプレスツリー(皇后の木)」とも呼ばれます。
成長が早く、1年で1~2m育つこともあり、数年で花を咲かせます。
成長が早くて耐寒性もあり、欧米の庭園にも植樹されています。
木材的価値があり、古琴などの弦楽器など、様々な用途に使われています。
日本の多くの地域で冬に葉を落とす「落葉樹」になりますが、熱帯地域では「常緑樹」になります。
種小名の「フォーチュニー」は、19世紀のスコットランドの植物学者であり紅茶産業にも貢献した「ロバート・フォーチュン」を称して名付けられました。
桐の木は「エンプレスツリー(皇后の木)」と呼ばれ、本種は種小名から「フォーチュン・エンプレスツリー」とも呼ばれます。
そのまま訳すと「幸運の皇后の木」となり、趣ある名前になります。
※「リュウケツジュ」ではありません

生育地:中国南東部やラオス、ベトナムに生育

樹高:10~30m程度

育て方

ポロウニア・フォーチュニー

耐暑性および耐寒性があります。
寒い時期は、なるべく-15度以上で育ててください。

水はけのよい土で育て、なるべく粘土質の土は避けてください。
水やりは、土が乾燥しないように、土の上部が乾いたら水を与えます。
(※水の与えすぎは根腐れを招きますので、過度に与えすぎないようにしてください。)

※耐寒性等の耐性は、育成する地域の気候や環境変化にもよるため、様子を見ながら管理ください。

ポロウニア・フォーチュニー
ポロウニア・フォーチュニー


<注記>
・本情報は、当店の経験や、生息地の環境、調査情報をもとに掲載をしておりますが、全てが正解ではない場合もあります。
 耐寒性などの耐性は、成長度合いのほか、育成する地域の気候や環境変化(暑さや寒さの期間・湿度変化・寒暖差など)によって異なるケースがありますことをご了承ください。
 もしもお気づきの点がありましたらご連絡ください。
・植物全てに関することになりますが、地植えなどの野外で育成するときには注意が必要です。
 植物によっては、別の土地へ自生して侵略種になり得ますので、管理できる状態を維持してください。

植物の紹介記事

ポロウニア・フォーチュニーの植物の様子の紹介

植物の様子や、個性や魅力を紹介しています。

目次