観葉植物の種子 一覧

アガベやユッカ、ゴムの木などの様々な観葉植物の種子を輸入・販売しております。
本ページでは、取り扱っております、観葉植物の一覧をご覧いただけます。

ご注文はYahooショッピング店をご利用いただけます。
多くの数量注文については個別注文を承りますので、種子リストをご覧ください。

目次

観葉植物の一覧

アフリカバオバブ

アフリカバオバブ

学名:Adansonia digitata

アフリカバオバブはアフリカのサバンナに生育するバオバブです。
「星の王子様」のバオバブのモデルとされ、観葉植物や盆栽として人気です。
長寿の木であり、2,000年以上生きている木が存在するといわれています。
「乙女を食べる木」等、アフリカでは様々な伝説や歴史との関わりがあります。
アフリカ大陸の大西洋沿岸やスーダンなどに生育しており、樹高は約10~20mになります。

オーストラリアバオバブ

オーストラリアバオバブ

学名:Adansonia gregorii

オーストラリアバオバブはオーストラリアに生育する唯一のバオバブであり、バオバブの中で小型です。
観葉植物として人気の植物であり、盆栽仕立てとしても人気があります。
長寿の木であり、数百年生きるとされ、1000年以上生きている木も存在するといわれます。
西オーストラリア州の監獄の木と呼ばれる木には空洞が囚人収容に利用されました。
オーストラリアに生育しており、樹高は約5~15mになります。

アガベ・アテナータ  別名:フォックステール

アガベ・アテナータ

学名:Agave attenuata

アガベ・アテナータは明るい青緑色の葉をもち、優美に葉を広げるアガベ(リュウゼツラン)です。
観葉植物として人気があり、温暖な地域では庭の装飾にも利用されています。
通常のアガベと異なり、葉は柔らかい質感で、葉に棘がありません。
乾燥した土壌だけでなく、日陰や湿った粘土性のある土壌でも育つ、たくましい種類です。
メキシコ中西部に生育しており、樹高は約0.5~1.5mになります。

モンキーポッド  別名:アルビジア・サマン、レインツリー

モンキーポッド

学名:Albizia saman
syn:Samanea saman

モンキーポッドは「日立の木(この木なんの木)」として有名で花木です。
ネムノキの仲間であり、ピンク&白色の花を咲かせ、羽状の大きめの葉をもちます。
葉は日の光で開き、降雨前や夜に葉が閉じることから、「レインツリー」 とも呼ばれます。
成長すると傘の形をした大きな樹冠になり、ハワイ等では日陰用としても植えられています。
中南米に生育しており、樹高は約15~30mになります。

ヤマヨモギ  別名:アルテミシア・トリデンタータ、セージブッシュ

ヤマヨモギ

学名:Artemisia tridentata

ヤマヨモギは黄色い花を咲かせ、芳香がある薄い緑色の葉枝をもつ、ヨモギ属の低木です。
かつて葉を薬用やハーブとして使用されたほか、 ロープ・バスケット作りにも活用されました。
生育地では、乾燥した大草原や山地の斜面に生育しています。
ライチョウ、プロングホーン、ウサギなどの様々な動物の環境や食料源になっています。
アメリカやカナダ西部に生育しており、樹高は約0.5~3mになります。

アトリプレックス・カネスケンス  別名:フォーウィング・ソルトブッシュ

アトリプレックス・カネスケンス

学名:Atriplex canescens

アトリプレックス・カネスケンスは黄色い花を咲かせ、薄い緑色の細長い葉をもつ、ソルトブッシュです。
高温や乾燥に強く、耐塩性と耐寒性を備えた、丈夫な植物です。
果実が膜状の翼のように見え、フォーウィング(4つの翼)とも呼ばれます。
ネイティブアメリカンは花や根を傷薬とし、枝は狩りの祈願にも利用されました。
アメリカ西南部に生育しており、樹高は約0.5~3mになります。

アトリプレックス・ハリムス  別名:地中海ソルトブッシュ

アトリプレックス・ハリムス

学名:Atriplex halimus

アトリプレックス・ハリムスは地中海地域やアフリカ北部に生育する、ソルトブッシュです。
灼熱の夏や乾燥に強いだけでなく、耐塩性と耐寒性を備えた丈夫な植物です。
葉は食用や薬用、飼料としても使用され、地中海地域の人々や文学と関わりがあります。
地中海盆地、北アフリカ、アラビア半島 に生育しており、樹高は約0.5~3mになります。

アトリプレックス・ヌンムラリア  別名:オールドマン・ソルトブッシュ

アトリプレックス・ヌンムラリア

学名:Atriplex nummularia

アトリプレックス・ヌンムラリアはオーストラリアに生育する、大きめのソルトブッシュです。
銀灰色が混じった楕円形の葉をもち、鱗片状の質感があります。
灼熱の夏や乾燥に強いだけでなく、耐塩性と耐寒性を備えた丈夫な植物です。
「ヌンムラリア」は、ラテン語で 「コイン」を意味し、葉の円形を表します。
オーストラリア中部や南部に生育しており、樹高は約2~4mになります。

アトリプレックス・ベシカリア  別名:ブラッダー・ソルトブッシュ

アトリプレックス・ベシカリア

学名:Atriplex vesicaria

アトリプレックス・ベシカリアはオーストラリアに生育する、小さめのソルトブッシュです。
海岸砂丘や塩湖周辺・砂地に生育し、灼熱の夏や乾燥に強く、耐塩性を備えます
膨らんだような実が特徴的で、「ベシカリア」は「膨らんだ」という意味です。
オーストラリア中部や南部に生育しており、樹高は約0.5~1mになります。

ブラキシトン・オーストラリス  別名:ブロードリーフ・ボトルツリー

ブラキシトン・オーストラリス

学名:Brachychiton australis

ブラキシトン・オーストラリスは白い花を咲かせる、オーストラリアのブラキシトン(ボトルツリー)です。
カエデのような葉と、鐘型の白い花を持ちます。
根本が水を貯えるために膨らみ、上部に向かって先細になる特徴的な樹形になります。
ブラキシトンは観葉植物として有名で、盆栽仕立てにもされます。
オーストラリアのクイーンズランド州に生育しており、樹高は約5~10mになります。

ブラキキトン・ビドウィリー  別名:ボトルツリー、リトルクラジョン

ブラキキトン・ビドウィリー

学名:Brachychiton bidwillii

ブラキキトン・ビドウィリーは星形の赤い花を持つ、オーストラリアに生育する小型のブラキシトン(ボトルツリー)です。
掌状の葉と、鐘形の赤い花を持ち、花は正面から見ると星形にも見えます。
根本が水を貯えるために膨らみ、上部に向かって先細になる特徴的な樹形になります。
ブラキシトンは観葉植物として有名であり、盆栽仕立てにされることもあります。
オーストラリア東部に生育しており、樹高は約2~5mになります。

ブラキシトン・ポプルネウス  別名:ボトルツリー、クラジョン

ブラキシトン・ポプルネウス

学名:Brachychiton populneus

ブラキシトン・ポプルネウスは鐘型の赤&白の花を持つ、オーストラリアに生育する中型のブラキシトン(ボトルツリー)です。
ポプラのような葉と、鐘形の花を持ち、花の外側は白色で内側には赤色の斑点があります。
根本が水を貯えるために膨らみ、上部に向かって先細になる特徴的な樹形になります。
かつて、種子を焙煎してコーヒーの代替品にしたり、パンや菓子に加えられることがありました。
オーストラリアに生育しており、樹高は約5~15mになります。

ブラキシトン・ルペストリス  別名:クイーンズランドボトルツリー

ブラキシトン・ルペストリス

学名:Brachychiton rupestris

ブラキシトン・ルペストリスはオーストラリアに生育する中型~大型のブラキシトン(ボトルツリー)です。
長細い葉と、鐘形の花を持ち、花の外側は白色で内側にはピンク色の斑点があります。
根本が水を貯えるために膨らみ、上部に向かって先細になる特徴的な樹形になります。
ブラキシトンは観葉植物として有名であり、盆栽仕立てにされることがあります。
オーストラリア東部に生育しており、樹高は約10~25mになります。

コルディリネ・インディビサ

コルディリネ・インディビサ

学名:Cordyline indivisa

コルディリネ・インディビサは青緑色の葉を持つコルディリネ(コルジリネ)です。
葉は年月を経ると垂れ下がり、独特の色合いを帯びます。
アメリカ等の温かい地域では観賞用として庭園にも植樹されています。
高原や森林に生育しています。
ニュージーランドに生育しており、樹高は約5~8mになります。

ベンガルボダイジュ(菩提樹)  別名:フィカス・ベンガレンシス、バンヤンジュ

ベンガルボダイジュ(菩提樹)

学名:Ficus benghalensis

ベンガルボダイジュ(菩提樹)は樹冠の広さが世界最大の熱帯の木で、観葉植物としても人気がある木です。
大きな楕円形の厚い葉をもち、ゴムの木の一種類です。
樹冠が広がり続けることから、ヒンドゥー教では「永遠の命」として神聖な木です。
樹齢400年以上の長命の木や、樹冠が約19,000㎡に広がる木があります。
インドや南アジアに生育しており、樹高は約10~25mになります。

オーストラリア・ゴムノキ  別名:フィカス・マクロフィラ

オーストラリア・ゴムノキ

学名:Ficus macrophylla

オーストラリア・ゴムノキは樹冠が広がる熱帯の木であり、観葉植物としても知られています。
「モートン湾のいちじく」とも呼ばれ、いちじくと形状・断面が似た果実をもちます。
ハワイやカリフォルニア等の温暖地域ではシンボルツリーとして植樹されています。
オーストラリア東部に生育しており、樹高は約20~60mになります。

インドボダイジュ(印度菩提樹)  別名:フィカス・レリジオーサ

インドボダイジュ(印度菩提樹)

学名:Ficus religiosa

インドボダイジュ(印度菩提樹)は葉がハート型で、葉の先端が長く伸びる、可愛くて上品でもある葉をもつ熱帯の木です。
インテリアの観葉植物として育てられたり、熱帯地域ではシンボルツリーとして植樹されています。
仏教の開祖である「ブッダ」が、この木の下で悟りを開いたとされる神聖な木でもあります。
寿命がとても長い「長寿の木」であり、中には3000年以上生きる木もあるとされます。
インドや東南アジアに生育しており、樹高は約10~30mになります。

セコイアデンドロン・ギガンテウム   別名:ジャイアントセコイア

セコイアデンドロン・ギガンテウム

学名:Sequoiadendron giganteum
syn:Sequoia gigantea, Giant sequoi

セコイアデンドロン・ギガンテウム は世界一体積が大きくなる木と知られ、3500年生きた木もあったとされる長寿の木です。
ヒノキ科の針葉樹であり、青緑色の細やかな針葉をもち、真っ直ぐな樹形に育ちます。
現在は限られた地域にのみ生育しますが、古代は地球の広範囲に生育する木でした。
アメリカのカリフォルニア州に生育しており、樹高は約50~85mになります。

ワシントンヤシ (ワシントニア)  別名:ワシントニア・フィリフェラ

ワシントンヤシ (ワシントニア)

学名:Washingtonia filifera

ワシントンヤシ (ワシントニア)はカリフォルニアのヤシの木であり、扇形の葉と、丈夫な円柱状の幹をもちます。
様々な気候に順応し、日本を含めた様々な国でシンボルツリーとして植樹されています。
かつて、ネイティブアメリカンは、果物をケーキにしたり、葉を屋根などに利用してきました。
砂漠のオアシスや河畔に生育しており、「デザート・パーム(砂漠のヤシ)」とも呼ばれます。
アメリカのカリフォルニア州やメキシコ北西部に生育しており、樹高は約12~20mになります。

バナナユッカ  別名:ユッカ・バッカタ

バナナユッカ

学名:Yucca baccata

バナナユッカはバナナの形に似た果実と、クリーム色の花が特徴的なユッカです。
紅色の蕾からは、クリーム色の花を咲かせます。
先住民は実をドライフルーツやケーキにしたり、葉からの繊維をサンダルや紐にしました。
アメリカ南西部やメキシコ北部の砂漠地帯の砂地や高原に生育しています。
アメリカ南西部やメキシコ北東部に生育しており、樹高は約0.5~1mになります。

ユッカ・ブレビフォリア

ユッカ・ブレビフォリア

学名:Yucca brevifolia

ユッカ・ブレビフォリアは奇妙な木のような樹形になる、中~大型のユッカです。
環境が合えば長生きする長命のユッカであり、樹齢300年を超える古い木も記録されています。
生育地では、砂漠地帯の砂地や草原に生育しています。
先住民は果実をペーストやケーキにしたり、葉から得られる繊維をサンダルや紐にしました。
アメリカ南西部やメキシコ北東部に生育しており、樹高は約2~10mになります。

ユッカ・フィラメントーサ  別名:イトラン

ユッカ・フィラメントーサ

学名:Yucca filamentosa

ユッカ・フィラメントーサは葉の縁から、白い巻き毛(フィラメント)が出てくるのが特徴的な、コンパクトなユッカです。
短剣のようなシャープな葉が放射状にシュッと伸びます。
幹が短く、他のユッカのように幹がニョキニョキ伸びることがありません。
生育地では、砂漠や海岸の砂丘、草原、岩地などの様々な土壌で生育しています。
アメリカ南東部に生育しており、樹高は約3~5mになります。

ユッカ・グラウカ  別名:ソープウィード

ユッカ・グラウカ

学名:Yucca glauca
syn:Yucca angustifolia

ユッカ・グラウカはユッカの中でも小型な種類であり、淡いグリーン色を帯びた白色の花を咲かせます。
生育地では、北アメリカ大陸の大平原の砂漠や草原に生育しています。
「ソープ・ウィード(石鹸の草)」とも呼ばれ、かつて根は石鹸として利用されました。
また、ネイティブアメリカンは実を食用にしたり、葉はロープや儀式用の装飾品にしました。
アメリカやカナダの中央部に生育しており、樹高は約0.5~1mになります。

種子ページ一覧

目次