ユーカリの種子 一覧

様々なユーカリの種子を輸入・販売しております。
本ページでは、取り扱っております、ユーカリの一覧をご覧いただけます。

ご注文はYahooショッピング店をご利用いただけます。
多くの数量注文については個別注文を承りますので、種子リストをご覧ください。

目次

ユーカリの一覧

レモンユーカリ  別名:ユーカリ・シトリオドラ

レモンユーカリ

学名:Corymbia citriodora
syn:Eucalyptus citriodora

レモンユーカリは長い葉を持ち、葉からレモンのような強い香りがするユーカリです。
エッセンシャルオイルや香水として有名な植物です。
鑑賞用のハーブ木として人気があり、葉枝は花束やウォールデコにも利用されます。
様々な土壌でも適応し、耐寒性があり、丈夫で育てやすい種類です。
オーストラリア北東部に生育しており、樹高は約10~30mになります。

ユーカリ フラワーガム  別名:コリンビア・フィキフォリア

ユーカリ フラワーガム

学名:Corymbia ficifolia

ユーカリ フラワーガムは赤色(オレンジ色)の花と、濃い緑色の卵型の葉をもつ小~中型のユーカリです。
オーストラリアなどでは観賞用として人気であり、庭園の木や街路樹として植樹されています。
沿岸地域の森林や砂地に生育しています。
西オーストラリアの南部に生育しており、樹高は約5~20mになります。

ユーカリ スポットガム  別名:コリンビア・マキュラータ

ユーカリ スポットガム

学名:Corymbia maculata

ユーカリ スポットガムはスポットガム(斑点ユーカリ)と呼ばれ、斑点があるような樹皮をもつ大型のユーカリです。
白い花と槍状の葉を持ち、樹皮がパッチ状に剥がれ落ちると、白い滑らかな木肌が現れます。
開けた森林に生育し、公園の木や街路樹としても使用されています。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約20~60mになります。

ユーカリ・プティコカルパ  別名:コリンビア・プティコカルパ

ユーカリ・プティコカルパ

学名:Corymbia ptychocarpa

ユーカリ・プティコカルパはピンク色(赤色)の花を咲かせる中型のユーカリです。
楕円状の半光沢の葉を持ち、大きな壺形の種子を持ちます。
「スワンプ(沼地)ブロッドウッド」とも呼ばれ、川の近くや池や湖の近くで見られます。
オーストラリアでは公園の木や街路樹として植樹されることもあります。
オーストラリア北西部に生育しており、樹高は約5~20mになります。

ユーカリ・セトーサ  別名:コリンビア・セトーサ

ユーカリ・セトーサ

学名:Corymbia setosa

ユーカリ・セトーサは卵型の明るい緑色の葉をもち、白い花を咲かせる、小型のつユーカリです。
「セトーサ」はラテン語の「剛毛」に由来し、若芽には個性的な「剛毛」が見られます。
岩だらけの丘や赤砂の荒野などの乾燥地帯で見られます。
オーストラリア北東部に生育しており、樹高は約2~4mになります。

ユーカリ オレンジガム  別名:ユーカリ・バンクロフト

ユーカリ オレンジガム

学名:Eucalyptus bancroftii

ユーカリ オレンジガムは白い花を咲かせ、緑の長い槍状の葉と、明るく滑らかな樹皮をもつユーカリです。
年月で樹皮が剥がれると、オレンジ色の木肌が現れ、やがてグレーブラウンになります。
限られた海岸沿いの地域や、近くの開けた森林や台地で見られます。
オーストラリア東部に生育しており、樹高は約15~30mになります。

ユーカリ・ブルーボックス  別名:ユーカリ・バウエリアナ

ユーカリ・ブルーボックス

学名:Eucalyptus baueriana

ユーカリ・ブルーボックスは白い花を咲かせ、緑色の丸い葉と、滑らかな白茶色の樹皮をもつユーカリです。
ラウンドリーフ(丸い葉)ボックスとも呼ばれ、丸葉が特徴的です。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約10~20mになります。

ユーカリ・アップルボックス  別名:ユーカリ・ブリジシアナ

ユーカリ・アップルボックス

学名:Eucalyptus bridgesiana
syn:Eucalyptus stuartiana

ユーカリ・アップルボックスは白い花を咲かせ、青緑色の葉と、滑らかなホワイトグレーの樹皮をもつユーカリです。
リンゴ型やハート型に見える葉をもち、鑑賞用の植物として人気があります。
オーストラリア東部に生育しており、樹高は約10~25mになります。

ユーカリ・カエシア

ユーカリ・カエシア

学名:Eucalyptus caesia ssp. caesia

ユーカリ・カエシアは赤い花を咲かせ、丸っぽい葉と、赤褐色の樹皮をもつユーカリです。
大きく成長すると葉枝は枝垂れる樹形になります。
オーストラリアの西オーストラリア州の南西部に生育しており、樹高は約2~15mになります。

ユーカリ・ケリー

ユーカリ・ケリー

学名:Eucalyptus caleyi

ユーカリ・ケリーは白い花を咲かせ、青みを帯びた丸っぽい葉と、やや赤みを帯びた幹をもつユーカリです。
灰黒色の硬い樹皮をもち、アイアンバーク(鉄の樹皮)とも呼ばれます。
オーストラリア東部に生育しており、樹高は約20~30mになります。

ユーカリ・カマルドレンシス  別名:リバーレッドガム

ユーカリ・カマルドレンシス

学名:Eucalyptus camaldulensis

ユーカリ・カマルドレンシスは白色の花を咲かせ、槍状の長い葉と赤褐色や白灰色の鮮やかな樹皮をもつユーカリです。
葉は鮮やかな緑色ですが、寒い時期には赤色の美しい色合いに紅葉します。
育つ速度は速く、耐寒性と耐塩性があり、洪水がある場所でも見られます。
オーストラリア全土に生育しており、樹高は約20~50mになります。

ユーカリ・カンパスペ  別名:シルバーギムレット

ユーカリ・カンパスペ

学名:Eucalyptus campaspe

ユーカリ・カンパスペはホワイトイエローの花を咲かせ、カップ状の白い実が特徴的なユーカリです。
シルバーグレイの槍状の長い緑葉や、滑らかで光沢のある木肌(樹皮)も特徴の一つです。
乾燥した森林や岩だらけの丘や平地に生育しています。
「カンパスペ」はアレキサンダー大王の愛人であるカンパスペを意味すると考えられています。
オーストラリア南西部に生育しており、樹高は約3~10mになります。

ユーカリ・カンフォラ  別名:スワンプガム

ユーカリ・カンフォラ

学名:Eucalyptus camphora

ユーカリ・カンフォラは白い花を咲かせ、青みがかった卵型の丸葉を持つユーカリです。
「カンフォラ」は強い香りを持つ物質を意味し、エッセンシャルオイルにも使用されます。
「スワンプガム(沼や沢のユーカリ)」とも呼ばれ、生育地では山々の湿地や谷に生育しています。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約10~20mになります。

ユーカリ・セルヌア  別名:レッドフラワー・モールト

ユーカリ・セルヌア

学名:Eucalyptus cernua

ユーカリ・セルヌアは赤色の花を咲かせ、槍状の葉をもつ、小型のユーカリです。
観賞用としてや、はちみつ用としても植えられています。
「セルヌア」はラテン語の「地面に向かってうなづくこと」に由来し、下向きに咲く花を示します。
オーストラリア南西部に生育しており、樹高は約1~3mになります。

ユーカリ・クロロクラダ  別名:バラディンレッドガム

ユーカリ・クロロクラダ

学名:Eucalyptus chloroclada

ユーカリ・クロロクラダは黄色の蕾から白い花が咲き、明るい青緑色の葉をもつユーカリです。
若い枝は黄緑色から赤色に変わり、濃い赤色へと変化していきます。
寒い時期には葉は紅葉して、濃い赤褐色(パール色)の色合いになります。
オーストラリア東部に生育しており、樹高は約10~20mになります。

ユーカリ銀丸葉  別名:ユーカリ・シネレア

ユーカリ銀丸葉

学名:Eucalyptus cinerea

ユーカリ銀丸葉は銀色を帯びた青緑色の葉をもつユーカリです。
白銀色の美しい色合いから、観賞用の植物や、花束の素材として人気がある種類です。
花束としても主張しすぎない色合いと葉の形から、主役の花を引き立てます。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約5~30mになります。

ユーカリ・クラドカリックス・ナナ  別名:ドラーフシュガーガム

ユーカリ・クラドカリックス・ナナ

学名:Eucalyptus cladocalyx nana

ユーカリ・クラドカリックス・ナナは丸っぽい卵型の濃緑色の葉をもつユーカリです。
「ナナ」は矮小種のことで、大きくなりにくい木であり、庭園等に植樹されます。
乾燥した森林や平野に生育しています。
一般的に大きく成長すると長葉になりますが、低位置の若葉は元形状のこともあります。
オーストラリア南部のエア半島に生育しており、樹高は約5~12mになります。

ユーカリ・クロエジアナ  別名:クイーンズランド・メスメート

ユーカリ・クロエジアナ

学名:Eucalyptus cloeziana

ユーカリ・クロエジアナは長く細長い葉と、白灰色の樹皮をもつ大型のユーカリです。
最初は葉は丸く楕円ですが、成長するに従って、葉枠が変化し、やがて長細く変化します。
開けた森林の台地や斜面に生育しています
オーストラリア北東部のクイーンズランド州に生育しており、樹高は約10~30mになります。

ユーカリ・コンフェルミナータ  別名:ボールド・アイランド・マーロック

ユーカリ・コンフェルミナータ

学名:Eucalyptus conferruminata

ユーカリ・コンフェルミナータはフサフサした花を咲かせ、奇妙な蕾や果実をもつ小~中型のユーカリです。
蕾・果実は融合し、幅が5センチ前後の球形になります。
沿岸地域の岩場や砂質土壌の限られた地域で見られます。
オーストラリア南西部やルシェルシュ諸島など島々に生育しており、樹高は約3~8mになります。

ユーカリ・コルダータ  別名:ハートリーフ・シルバーガム

ユーカリ・コルダータ

学名:Eucalyptus cordata

ユーカリ・コルダータは薄い白銀色を帯びたハート形の葉をもつ小~中型のユーカリです。
美しい外観から、鑑賞用の木や花束の素材としても利用されています。
生育地では、中高地の山の麓や平原に生育しています。
種小名の「コルダータ」はラテン語の「ハート型」に由来し、葉の形を示しています。
オーストラリアのタスマニア島に生育しており、樹高は約3~20mになります。

ユーカリ・コルダータ・クアドラングロサ

ユーカリ・コルダータ・クアドラングロサ

学名:Eucalyptus cordata ssp. quadrangulosa

ユーカリ・コルダータ・クアドラングロサは薄い白銀色を帯びたハート形の葉をもつユーカリです。
「コルダータ」はラテン語の「ハート型」に由来します。
「コルダータ」の亜種になり、違いは、枝断面が四角、幼葉がより尖り、大きめの花・実をもつとされます。
オーストラリアのタスマニア島に生育しており、樹高は約3~20mになります。

ユーカリ・コルヌータ

ユーカリ・コルヌータ

学名:Eucalyptus cornuta

ユーカリ・コルヌータは長い角のような蕾をもち、栗のトゲトゲのような黄色の花を咲かせるユーカリです。
「コルヌータ」はラテン語の「角のある」に由来し、蕾を示しています。
木材は、非常に硬くて強い木材の一つとされます。
オーストラリア西部の西オーストラリア州に生育しており、樹高は約10~20mになります。

ユーカリ・クルキス

ユーカリ・クルキス

学名:Eucalyptus crucis

ユーカリ・クルキスは白青色を帯びた、丸いクリ型の葉を持つ小~中型のユーカリです。
赤色を帯びた白色の蕾から、クリーム色の花を咲かせます。
「ミニリッチ」とも呼ばれる樹皮をもち、フロークが剥がれて巻き毛のコートのようになります。
オーストラリア西部の西オーストラリア州に生育しており、樹高は約2~15mになります。

ユーカリ・キペロカルパ  別名:マウンテン・グレイ・ガム、モンキー・ガム

ユーカリ・キペロカルパ

学名:Eucalyptus cypellocarpa

ユーカリ・キペロカルパは槍状の大きめの、鮮やかな緑色の葉と、滑らかな樹皮を持つ大型のユーカリです。
「キペロカルパ」は、ギリシャ語の「カップフルーツ」に由来し、果実の形を示します。
木材は淡いグレーで、耐久性があり、建物やインフラに利用されることがあります。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約50~65mになります。

レインボー・ユーカリ  別名:ユーカリ・デグルプタ

レインボー・ユーカリ

学名:Eucalyptus deglupta

レインボー・ユーカリは樹皮が剥がれると、ネオングリーンの木肌から、レインボーカラーのような多彩な色に変化するユーカリです。
ユーカリとしては珍しく、東南アジアの熱帯雨林に生育しています。
成長速度は速く、育てやすいユーカリです。
パプアニューギニアやフィリピン、インドネシアに生育しており、樹高は約30~70mになります。

ユーカリ・エレモフィラ  別名:サンドマリー

ユーカリ・エレモフィラ

学名:Eucalyptus eremophila

ユーカリ・エレモフィラは特徴的な長細い蕾と、大きめの花を咲かせる小型のユーカリです。
生育地では、平原や丘などの砂質の土壌で見られます。
種小名「エレモフィラ」はギリシャ語「エレミ(砂漠)」 と「フィロス(愛する)」に由来します。
オーストラリア西部に生育しており、樹高は約2~8mになります。

ユーカリ・エリスロコリス  別名:レッドキャップガム

ユーカリ・エリスロコリス

学名:Eucalyptus erythrocorys

ユーカリ・エリスロコリスは真紅の蕾から黄色い花を咲かせる、ユーカリです。
特徴的な蕾から、「レッドキャップガム(赤いキャップのユーカリ)」とも呼ばれます。
オーストラリアでは観賞用の植木や庭園の木、街路樹として人気がある種類です。
オーストラリア西部のパース周辺に生育しており、樹高は約3~10mになります。

ユーカリ・フォエクンダ  別名:ナローリーフ・レッドマリー

ユーカリ・フォエクンダ

学名:Eucalyptus foecunda

ユーカリ・フォエクンダはクリーム色の沢山の花を咲かせ、細葉を持つ小型のユーカリです。
種小名の「フォエクンダ」は「多産な花芽 」を意味し、たくさんの花を咲かせることを示します。
生育地では、海岸近くの石灰質の砂地に生育しています。
オーストラリア西部に生育しており、樹高は約3~5mになります。

ユーカリ・フォレスチアーナ  別名:フクシア・マリー

ユーカリ・フォレスチアーナ

学名:Eucalyptus forrestiana

ユーカリ・フォレスチアーナは赤と黄色の枝垂れ花を咲かせる小型のユーカリです。
振り子のような実と花をもち、庭園の木や街路樹として植樹されています。
塩湖周辺の砂地や平原で生育しています。
オーストラリア西部のエスペランス以北に生育しており、樹高は約2~6mになります。

ユーカリ・ガモフィラ

ユーカリ・ガモフィラ

学名:Eucalyptus gamophylla

ユーカリ・ガモフィラはツキヌキ状の葉をもち、砂漠の小型ユーカリです。
(個体差や育成環境でツキヌキ状にならない場合もあります。)
「ガモフィラ」は「結婚・和合」と「葉」に由来します。
オーストラリア西部や中央部に生育しており、樹高は約1.5~7mになります。

ユーカリ・ギリー

ユーカリ・ギリー

学名:Eucalyptus gillii

ユーカリ・ギリーは鮮やかな緑色の卵型の葉を持つ、小型のユーカリです。
オーストラリアでは、園芸用や、花束の素材として利用されることがあります。
生育地では、山脈や渓谷などの乾燥地帯で見られます。
オーストラリア南部の内陸部に生育しており、樹高は約3~6mになります。

ユーカリ・グラウケスケンス  別名:ティングリング・ガム

ユーカリ・グラウケスケンス

学名:Eucalyptus glaucescens

ユーカリ・グラウケスケンスは白銀色が混じった、丸みを帯びた丸葉ををもつ中型のユーカリです。
魅力的な葉枝に加え、木肌は白褐色やネイビーグリーンなどの独特な色合いをもちます。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約10~30mになります。

ユーカリ・グロブルス

ユーカリ・グロブルス

学名:Eucalyptus globulus ssp. globulus
syn:Eucalyptus globulus

ユーカリ・グロブルスは香水やエッセンシャルオイルとして有名なユーカリです。
香料や薬用、お茶、ハチミツ用の花としても利用されています。
若い葉は白みがかった明るい青緑色の葉になり、爽やかな印象です。
成長速度は速く、育てやすいユーカリです。
オーストラリア南東部やタスマニア島に生育しており、樹高は約20~50mになります。

ユーカリ・マイデニー  別名:メイデンガム

ユーカリ・マイデニー

学名:Eucalyptus globulus ssp. maidenii

ユーカリ・マイデニーは「ユーカリ・グロブルス」の亜種のユーカリであり、花芽が7つのセットで生じます。
若い葉は白みがかった明るい青緑色の葉になり、爽やかな印象です。
生育地では、沿岸沿いの森林に生育しています。
オーストラリア南東部やタスマニア島に生育しており、樹高は約40~50mになります。

ユーカリ・ゴニオカリックス

ユーカリ・ゴニオカリックス

学名:Eucalyptus goniocalyx

ユーカリ・ゴニオカリックスは鮮やかな緑色のやや厚みのある丸葉をもつ小~中型のユーカリです。
エッセンシャルオイルやハチミツ用として利用されています。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約10~15mになります。

ユーカリ・グランディス  別名:ローズガム

ユーカリ・グランディス

学名:Eucalyptus grandis

ユーカリ・グランディスは成長が早く真っ直ぐ育つ、ユーカリの中でも特に大きくなる種類です。
若い葉は、赤みを帯び、黄緑色、明るい緑色になります。
木材や製紙用として利用され、南アフリカやブラジルなどでも植林されている木です。
花には香りがあり、はちみつ用としても利用されています。
オーストラリア東部に生育しており、樹高は約40~70mになります。

ユーカリ・インターテクスタ  別名:インランド・レッドボックス

ユーカリ・インターテクスタ

学名:Eucalyptus intertexta

ユーカリ・インターテクスタはクリーム色の花を咲かせるユーカリです。
中央砂漠の森林や平原に生育し、厳しい乾季に耐えます。
樹皮は滑らかな白褐色ですが、下部は古い樹皮が残り、粗い繊維状に見えます。
「インターテクスタ」は「間」と「組織」の意味で、絡み合った繊維状に見える樹皮を示します。
オーストラリア中央部に生育しており、樹高は約5~20mになります。

ユーカリ・クルセアナ

ユーカリ・クルセアナ

学名:Eucalyptus kruseana

ユーカリ・クルセアナは銀白色を帯びた丸みのある葉を持つ小型のユーカリです。
華やかなクリームイエローの花を咲かせます。
美しい色合いから、観賞用として庭園に植えられたり、花束の素材としても使われています。
オーストラリア西部に生育しており、樹高は約2~4mになります。

ユーカリ・ムーンラグーン

ユーカリ・ムーンラグーン

学名:Eucalyptus latens moon lagoon

ユーカリ・ムーンラグーンは白銀色を帯びた可愛らしい小葉が美しい、小型のユーカリです。
若い枝の色の変化は、葉の色とのコントラストがあります。
観賞用として庭園に植えられたり、花束の素材として使われています。
「ムーンラグーン」は英語の「月の潟湖」を意味し、趣のある名前です。

ユーカリ・レーマニー

ユーカリ・レーマニー

学名:Eucalyptus lehmannii

ユーカリ・レーマニーは奇妙な長細い蕾や花をもつ小型のユーカリです。
たくさんの指が生えた手のような奇妙な蕾群を伸ばし、ふさふさした黄緑色の花を咲かせます。
実も、奇妙な生き物のような蜂の巣のような不思議な外見になります。
オーストラリア西部に生育しており、樹高は約3~5mになります。

ユーカリ・マカルトゥ  別名:パディーリバーボックス

ユーカリ・マカルトゥ

学名:Eucalyptus macarthurii

ユーカリ・マカルトゥは小さな雪のような花を咲かせるユーカリです。
一般的なユーカリの香りとは異なる、フルーティーな香りの精油が抽出されます。
生育地では肥沃な森林や草原に生育しています。
絶滅危惧種に指定されているユーカリです。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約30~40mになります。

ユーカリ・マクランドラ

ユーカリ・マクランドラ

学名:Eucalyptus macrandra

ユーカリ・マクランドラは奇妙な長細い蕾や花をもつ小型のユーカリです。
細長い奇妙な蕾を伸ばし、淡い黄色の花を咲かせます。
実も、奇妙な生き物のような蜂の巣のような不思議な外見になります。
オーストラリア南西部に生育しており、樹高は約2~8mになります。

ユーカリ・マクロカルパ

ユーカリ・マクロカルパ

学名:Eucalyptus macrocarpa

ユーカリ・マクロカルパは大ぶりの赤い花を咲かせ、銀色を帯びた卵型の葉をもつ、小型のユーカリです。
種小名の「マクロカルパ」は、ギリシア語の「大きい果実」に由来します。
半砂漠地帯などの乾燥地帯で見られます。
西オーストラリアの南西部に生育しており、樹高は約1~8mになります。

ユーカリ・マージナータ  別名:ジャラ、スワン・リバー・マホガニー

ユーカリ・マージナータ

学名:Eucalyptus marginata

ユーカリ・マージナータは白い花を咲かせ、槍状の葉をもつ、大型のユーカリです。
深みのある赤みと美しい木目からウッドデッキやワインラック等の家具や楽器に利用されます。
蜂蜜用としても有名で、黒蜜のような味わいの蜂蜜は、ジャラハニーとして流通しています。
西オーストラリアの南西部に生育しており、樹高は約30~50mになります。

ユーカリ・メラノフロイア

ユーカリ・メラノフロイア

学名:Eucalyptus melanophloia

ユーカリ・メラノフロイアは白銀色を帯びた卵型の葉の、小~中型のユーカリです。
日照・環境によっては、明るい緑色の葉にもなり、美しい色合いです。
「メラノフロイア」は「黒い樹皮」を意味し、 粗くて硬い鉄色の樹皮を示しています。
オーストラリア北東部に生育しており、樹高は約4~20mになります。

ユーカリ・イエローボックス  別名:ユーカリ・メリオドラ

ユーカリ・イエローボックス

学名:Eucalyptus melliodora

ユーカリ・イエローボックスは甘い香りの白い花を咲かせ、白銀色を帯びた長細い葉をもつユーカリです。
「ハニーガム(蜂蜜のユーカリ)」とも呼ばれ、ハチミツ用の花としても利用されています。
「メリオドラ」は「蜂蜜」と「甘い香り」を意味します。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約15~30mになります。

ユーカリ・モーレイ・ナナ

ユーカリ・モーレイ・ナナ

学名:Eucalyptus moorei nana

ユーカリ・モーレイ・ナナは小さなヤナギを連想させるような姿の小型のユーカリです。
光沢のある濃い緑色の長葉と、赤い葉枝をもち、白い花を咲かせます。
大きくならないため、オーストラリアでは庭園の木としても利用されています。
生育地では、高地の森林などに生育しています。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約2~4mになります。

ユーカリ・ネグレクタ  別名:オメオガム

ユーカリ・ネグレクタ

学名:Eucalyptus neglecta

ユーカリ・ネグレクタは円形の鮮やかな青緑色の葉をもつ、小~中型のユーカリです。
耐寒性があり、明るい日陰であれば育つ、珍しい性質のユーカリです。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約5~10mになります。

ユーカリ・ニテンス  別名:シャイニングガム

ユーカリ・ニテンス

学名:Eucalyptus nitens

ユーカリ・ニテンスは白色を帯びたライトグリーンの明るい葉を持ち、甘い香りをもつユーカリです。
シャイニングガム(輝くユーカリ)と呼ばれ、光沢のある葉や蕾、白褐色の樹皮を持ちます。
香りが強く、成長速度も早いので、ハーブとして花瓶で飾るのもおすすめです。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約50~80mになります。

ユーカリ・ノートニ

ユーカリ・ノートニ

学名:Eucalyptus nortonii

ユーカリ・ノートニは白みのある青緑葉をもつ、中型のユーカリです。
幼い葉は赤みのある白い葉で、青みのある色合いへと変化します。
森林や高原の岩地などに生育しています。
オーストラリア南部に生育しており、樹高は約10~15mになります。

ユーカリ・ヌタンス  別名:レッドフラワーモート

ユーカリ・ヌタンス

学名:Eucalyptus nutans

ユーカリ・ヌタンスは赤い花を咲かせる、小~中型のユーカリです。
通常は赤い花を咲かせますが、黄色い花を咲かせる亜種が含まれる場合があります。
海岸近くの限られた地域に生育し、希少種(絶滅危惧種)に指定されています。
オーストラリア西部に生育しており、樹高は約4~10mになります。

ユーカリ・オルビフォリア  別名:ハートリーフユーカリ

ユーカリ・オルビフォリア

学名:Eucalyptus orbifolia

ユーカリ・オルビフォリアは青みのあるハート形の葉を持つ、小~中型のユーカリです。
ハートリーフユーカリは、この種類を指すこともあれば、別の種類のこともあります。
オーストラリア南西部の内陸部に生育しており、樹高は約3~8mになります。

ユーカリ・パキフィラ

ユーカリ・パキフィラ

学名:Eucalyptus pachyphylla

ユーカリ・パキフィラは青みのある卵型の葉と、赤い蕾・白い花を咲かせる小型のユーカリです。
蕾は、開花時期が近づくと、紅色に染まることが特徴的です。
生育地では、砂原や砂漠、岩場などの砂質状の土壌で見られます。
オーストラリア西部や中部の内陸部に生育しており、樹高は約2~5mになります。

ユーカリ・パルブラ  別名:ユーカリ・ パルビフォリア

ユーカリ・パルブラ

学名:Eucalyptus parvula
syn:Eucalyptus parvifolia

ユーカリ・パルブラはコンパクトな葉が魅力的な、小~中型のユーカリです。
ユーカリの中でも葉が小さく、赤みのある枝に、小さな葉をもちます。
美しい色合いの葉枝を持つことから、庭園の木や花束の素材としても利用されています。
生育地では、森林の湿った土壌に生育しており、滅危惧種に指定されています。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約10~15mになります。

ユーカリ・パウシフローラ   別名:スノーガム、ホワイトサリー

ユーカリ・パウシフローラ

学名:Eucalyptus pauciflora

ユーカリ・パウシフローラ はオーストラリアのアルプスでの厳しい冬を生き抜くユーカリです。
マイナス20度以上の極寒にも耐えるといわれています。
ブルーグリーンの長葉と、滑らかな樹皮をもち、白い花を咲かせます。
生育地では、標高の高い山々の森林に生育しています。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約5~20mになります。

ツキヌキユーカリ  別名:ユーカリ・ペリニアナ

ツキヌキユーカリ

学名:Eucalyptus perriniana

ツキヌキユーカリは葉を茎が突き抜いているようなツキヌキ状の葉をもつユーカリです。
銀白色を帯びた青緑色の丸みのある葉を持ち、園芸用として人気があります。
美しい色合いの葉をもち、花束の素材にも利用されます。
一般的に大きく成長すると長葉になりますが、低位置の若葉は元形状のこともあります。
オーストラリア南東部やタスマニア島に生育しており、樹高は約5~15mになります。

ユーカリ・ピペリータ  別名:シドニー・ペパーミント

ユーカリ・ピペリータ

学名:Eucalyptus piperita
syn:Eucalyptus tetragona

ユーカリ・ピペリータはペパーミントに似た香りをもつユーカリです。
シドニー・ペパーミントとも呼ばれ、エッセンシャルオイルや胃腸薬として使用されました。
種小名の「ピペリータ」は、ペパーミント(英名はピペリータ)に由来します。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約10~20mになります。

ユーカリ・プレウロカルパ  別名:テトラゴナ

ユーカリ・プレウロカルパ

学名:Eucalyptus pleurocarpa

ユーカリ・プレウロカルパは白銀色を帯びた厚みのある葉、純白を感じさせる色合いの実や葉枝をもつユーカリです。
花束の素材・インテリア用・園芸用として、日本でも非常に人気です。
大きめの葉ですが、小型のユーカリで、通常ユーカリに比べると成長はゆっくりです。
オーストラリア西部に生育しており、樹高は約2~5mになります。

ユーカリ・ポリブラクテア  別名:ブルーリーフ・マリー

ユーカリ・ポリブラクテア

学名:Eucalyptus polybractea

ユーカリ・ポリブラクテアはエッセンシャルオイルで有名な、香りの強いユーカリです。
エッセンシャルオイルとしてアロマ用や薬用、抗菌や消臭用などに広く利用されています。
青緑色の長細い葉をもつことも、特徴的です。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約5~8mになります。

ユーカリ・ポプルネア  別名:ポプラ・ボックス

ユーカリ・ポプルネア

学名:Eucalyptus populnea

ユーカリ・ポプルネアはポプラの葉に似た、丸みのある葉を持つユーカリです。
ハチミツ用の花として用いられるほか、コアラが食べるユーカリの一種類としても知られています。
種小名の「ポプルネア」はラテン語の「ポプラのような」を意味します。
オーストラリア東部に生育しており、樹高は約10~20mになります。

ユーカリ・プレイシアナ  別名:ベルフルーツ・マリー

ユーカリ・プレイシアナ

学名:Eucalyptus preissiana

ユーカリ・プレイシアナは黄色の花を咲かせ、卵型の青緑色の葉をもつ小型のユーカリです。
蕾(キャップ)は赤みがありますが、中からは見事な黄色の花が花開きます。
カラフルな色合いであり、オーストラリアでは園芸用や庭木用として植えられています。
オーストラリア南西部に生育しており、樹高は約2~5mになります。

ユーカリ・プルケラ  別名:ホワイト・ペッパーミント

ユーカリ・プルケラ

学名:Eucalyptus pulchella
syn:Eucalyptus linearis

ユーカリ・プルケラはヤナギのような細長い葉をもち、枝垂れるユーカリです。
「ホワイトペパーミント」とも呼ばれ、白褐色の木肌と、ペパーミント系の香りをもちます。
「プルケラ」はラテン語の「美しい」を意味し、樹冠を示すと考えられます。
オーストラリアのタスマニア島に生育しており、樹高は約10~20mになります。

ユーカリ銀世界  別名:ユーカリ・プルベルレンタ

ユーカリ銀世界

学名:Eucalyptus pulverulenta

ユーカリ銀世界は白銀色を帯びた青緑色の、丸みのある葉をもつ、小~中型のユーカリです。
美しい色合いの葉枝や実をもち、花束の素材やインテリア装飾として、とても人気の種類です。
ユーカリの中でも香りは強く、葉枝には爽やかな香りをもちます。
オーストラリア南部に生育しており、樹高は約5~10mになります。

ユーカリ・ベイビーブルー

ユーカリ・ベイビーブルー

学名:Eucalyptus pulverulenta baby blue

ユーカリ・ベイビーブルーは白銀色を帯びた、コンパクトな丸葉が魅力的な小型のユーカリです。
ユーカリの中でも香りは強く、やや甘い爽やかな香りをもちます。
クリーム色の沢山の花を咲かせ、花からも甘い香りが広がります。
「ユーカリ銀世界」の園芸種であり、ベイビーブルーは成長しても葉が大きくなりません。

ユーカリ・プンクタータ  別名:グレー・ガム

ユーカリ・プンクタータ

学名:Eucalyptus punctata

ユーカリ・プンクタータは長細い葉と、オレンジ色の鮮やかな色合いの樹皮をもつユーカリです。
年月が経つと、灰色になった樹皮が剥がれ、白色やオレンジ色の色合いを見せます。
コアラが食べるユーカリの一種類としても知られています。
沿岸に近い乾燥した森林などの砂岩質の土壌に生育しています。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約20~35mになります。

ユーカリ・ピリフォルミス

ユーカリ・ピリフォルミス

学名:Eucalyptus pyriformis

ユーカリ・ピリフォルミスは垂れ下がった花を咲かせることが特徴的なユーカリです。
干ばつや軽い霜には耐え、庭園の木や街路樹としても植えられています。
「ピリフォルミス」はラテン語で「洋ナシの形」を意味し、蕾の形を示しています。
オーストラリア南西部に生育しており、樹高は約1.5~5mになります。

ユーカリ・ラディアータ  別名:ユーカリ・ペパーミント

ユーカリ・ラディアータ

学名:Eucalyptus radiata ssp. radiata
syn:Eucalyptus radiata

ユーカリ・ラディアータはエッセンシャルオイルや香水として有名な、爽やかでマイルドな香りをもつユーカリです。
明るい青緑色の細長い葉をもち、白い沢山の花を咲かせます。
高地や台地の森林や湿地などの涼しい環境で生育しています。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約10~50mになります。

ユーカリ・レグナンス  別名:マウンテン・アッシュ

ユーカリ・レグナンス

学名:Eucalyptus regnans

ユーカリ・レグナンスはユーカリの中で最も樹高の高いユーカリです。
「レグナンス」は「君臨する」の意味に由来します。
木材はタスマニアオークとも呼ばれ、建築用や製紙等に広く利用されます。
オーストラリアの南東部やタスマニア島に生育しており、樹高は約70~110mになります。

ユーカリ・レニフェラ  別名:レッド・マホガニー

ユーカリ・レニフェラ

学名:Eucalyptus resinifera

ユーカリ・レニフェラは槍状の葉を持つ、大型のユーカリです。
木材は硬くて重く耐久性があることから、建物の床材、外装材、建設用などに用いられています。
コアラの食べる木のユーカリとしても知られています。
オーストラリア東部に生育しており、樹高は約30~50mになります。

ユーカリ・リズドニー  別名:リズドンペッパーミント

ユーカリ・リズドニー

学名:Eucalyptus risdonii

ユーカリ・リズドニーは白銀色を帯びた色合いの葉をもつユーカリです。
リズドン・ペッパーミントとも呼ばれ、ミント系の香りをもちます。
オーストラリアのタスマニア島に生育しており、樹高は約5~8mになります。

ユーカリ・ロブスタ

ユーカリ・ロブスタ

学名:Eucalyptus robusta

ユーカリ・ロブスタはコアラの食べる木や、お茶として有名なユーカリです。
濃い緑色の葉は、夏の終わりの頃にかけて、赤色を帯びた美しい色合いに紅葉します。
若い枝は緑色ですが、やがて真紅になり、濃い赤褐色の色合いへ変化します。
成長が早く、丈夫で育てやすい種類です。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約15~30mになります。

ユーカリ・ルビダ

ユーカリ・ルビダ

学名:Eucalyptus rubida

ユーカリ・ルビダは丸身のある卵型の葉と、赤みの帯びた枝や樹皮を持つ、中~大型のユーカリです。
丘や台地の乾燥した森林に生育しています。
キャンドル・バーグ(蝋燭の樹皮)と呼ばれ、樹皮(剥がれ具合)を表した名前と考えられます。
オーストラリア南東部やタスマニア島に生育しており、樹高は約10~40mになります。

ユーカリ・ルディス

ユーカリ・ルディス

学名:Eucalyptus rudis

ユーカリ・ルディスは丸みを帯びた明るい緑色の葉をもつ、中~大型のユーカリです。
ハチミツ用の花としても利用され、川沿いや湿地などに生育しています。
オーストラリア西部に生育しており、樹高は約5~20mになります。

ユーカリ・サリグナ  別名:シドニー・ブルーガム

ユーカリ・サリグナ

学名:Eucalyptus saligna

ユーカリ・サリグナはスリムな卵型の葉を持ち、整った樹形になるユーカリです。
夏の終わりにかけて紅葉し、赤みのある美しい色合いになるのも魅力的です。
真っ直ぐに成長し、葉枝が放射状に伸びるので、整った樹形になります。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約30~50mになります。

ユーカリ・シデロキシロン  別名:レッドアイアンバーグ

ユーカリ・シデロキシロン

学名:Eucalyptus sideroxylon

ユーカリ・シデロキシロンは青みを帯びた細長い葉をもつユーカリです。
「レッド・アイアンバーク(赤い鉄の樹皮)」とも呼ばれ、樹皮の様子を表しています。
蜂蜜用の花として利用されるほか、エッセンシャルオイルとしても利用されています。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約20~30mになります。

ユーカリ・スパスラータ  別名:ナローリーフ・ギムレット

ユーカリ・スパスラータ

学名:Eucalyptus spathulata

ユーカリ・スパスラータは青みを帯びた、小さな長細い葉が特徴的なユーカリです。
干ばつや塩分を含む土壌にも耐え、庭園の木や防風木として植えられています。
「スパスラタ」はラテン語の「へら状/スプーン状」ですが、暗示は謎とされます。
オーストラリア南西部に生育しており、樹高は約3~9mになります。

ユーカリ・ステラータ  別名:ブラックサリー

ユーカリ・ステラータ

学名:Eucalyptus stellulata

ユーカリ・ステラータは花の蕾の様子が「小さな星」にも見える、長葉をもつ、小~中型のユーカリです。
種小名の「ステラータ」は、ラテン語の「小さな星」を意味し、花の蕾の集まりを示します。
生育地では、川沿いや沼地の近くの肥沃な土壌で見られます。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約10~15mになります。

ユーカリ・テヌイラミス  別名:シルバー・ペパーミント

ユーカリ・テヌイラミス

学名:Eucalyptus tenuiramis

ユーカリ・テヌイラミスは白みのある緑色の葉をもつユーカリです。
「シルバー・ペッパーミント」とも呼ばれ、ミント系の香りをもちます。
種小名の「テヌイラミス」はラテン語の「細い枝」に由来します。
生育地では、平地や森林などで見られます。
オーストラリアのタスマニア島に生育しており、樹高は約15~25mになります。

ユーカリ・テレチコルニス  別名:フォレスト・レッドガム

ユーカリ・テレチコルニス

学名:Eucalyptus tereticornis

ユーカリ・テレチコルニスは反りのある長場細い葉を持つ、大型のユーカリです。
木材は赤みがあり、硬くて耐久性があることから、建築用やインフラ建設などで用いられます。
生育地では、山地や森林などで見られます。
オーストラリア東部やパプアニューギニア南部に生育しており、樹高は約30~50mになります。

ユーカリ・トルカータ  別名:コーラルガム

ユーカリ・トルカータ

学名:Eucalyptus torquata

ユーカリ・トルカータは美しい赤色またはピンク色の沢山の花を咲かせる、小型のユーカリです。
花や蕾の見た目から「コーラルガム(珊瑚のユーカリ)」という美しい別名でも呼ばれます。
美しい外観から、観賞用として庭の木や街路樹として使用されています。
オーストラリア南西部に生育しており、樹高は約4~10mになります。

ユーカリ・ユーティリス

ユーカリ・ユーティリス

学名:Eucalyptus utilis

ユーカリ・ユーティリスはクリーム色の花を咲かせ、青みのある細身の卵形の葉を持つユーカリです。
小名の「ユーティリス」はラテン語の「役に立つ」を意味します。
オーストラリア南西部に生育しており、樹高は約5~15mになります。

ユーカリ・ビミナリス  別名:リボンガム

ユーカリ・ビミナリス

学名:Eucalyptus viminalis

ユーカリ・ビミナリスは「マナ・ガム」や「シュガー・ガム」とも呼ばれ、「甘い樹液」で有名なユーカリです。
青みを帯びた十字対生の葉をもち、大きく成長すると細長いヤナギのような葉になります。
オーストラリア南東部とタスマニア島に生育しており、樹高は約20~40mになります。

ユーカリ・ビリディス  別名:糸葉ユーカリ

ユーカリ・ビリディス

学名:Eucalyptus viridis

ユーカリ・ビリディスは細長い糸葉をもち、精油としても利用されているユーカリです。
シネオール系の香りをもち、エッセンシャルオイル用として栽培されています。
また、蜂蜜用の花としても栽培されています。
オーストラリア東部や南東部に生育しており、樹高は約8~10mになります。

ユーカリ・ウッドワーディー  別名:レモンフラワーガム

ユーカリ・ウッドワーディー

学名:Eucalyptus woodwardii

ユーカリ・ウッドワーディーはレモンイエローの花を咲かせ、銀白色を帯びた青緑色の葉をもつ小~中型のユーカリです。
オーストラリアでは、観賞用として庭園の木や装飾用の素材として人気があるユーカリです。
オーストラリア南西部に生育しており、樹高は約6~15mになります。

ユーカリ・ヨウンギア  別名:ラージ・フルーツ・マリー

ユーカリ・ヨウンギア

学名:Eucalyptus youngiana

ユーカリ・ヨウンギアはとても大きな花・実をもち、砂漠で生育しているユーカリです。
赤色と黄色の色合いの花と、円錐形の大きな花の蕾は、子どもの手幅サイズです。
大きな花や実をもつものの、ユーカリの中では背丈は小~中型です。
オーストラリア西部や南部に生育しており、樹高は約5~10mになります。

種子ページ一覧

目次