発芽率が高い花木・アカシア(ミモザ)の紹介 – 種子から育てるときの役立つ情報

アカシア(ミモザ)は、春に黄色の花を咲かせる花木として有名な、花束や庭木として人気がある植物であり、黄色以外の花を咲かせる種類もあります。
「ミモザ」という名称は、人によって「黄色い花を咲かせるアカシアの種類」を指すこともあれば、「アカシアの種類全般」を指すこともあります。
アカシアの仲間はなんと、900種類以上存在しており、大半はオーストラリアとオセアニア諸島を原産としています。

アカシアの魅力の一つは花の美しさですが、種類によって、美しく上品な色合いの葉をもつ種類もあれば、ヤナギのような細場の枝垂れ花になる種類、奇妙な葉の形や樹形になる種類など、様々な個性があります。
オージープランツとして、じわじわと人気が出てきている種類ではありますが、日本で市販されている種類は限られています。
どうしても、広く流通していない植物の苗木は値段は高くなる傾向があります。

珍しい植物を育てるには、種子から育てるのも一つの方法です。
アカシアの多くは発芽させるのが比較的容易で、育つのが早い種類も多く、中には1~2年で背丈を超え、数年以内に花を咲かせる種類もあります。
アカシアは、発芽したときの葉と1年後の葉が全然違うことや、少しずつ育って花を咲かせる様子など、種子から育てがいのある種類です。
種子から育てる魅力は、「アカシアを種子から育てる魅力」にも掲載しています。

ここでは当店の扱っているアカシアの種子の中で、発芽率が高いアカシアを紹介します。
(当店のケースになりますことを了承ください。)

※確認時の発芽率のため、経過年数や発芽環境、個体差による違いがございますので、あらかじめご了承ください。
(発芽確認年は各植物の詳細ページに記載しています。

目次

発芽率の高いアカシアの一覧

アカシア・アンキストロカルパ  別名:フィッシュフック・アカシア、フィッツロイ・アカシア

アカシア・アンキストロカルパ

学名:Acacia ancistrocarpa

アカシア・アンキストロカルパは小型のミモザ(アカシア)であり、黄色い花を咲かせ、オリーブグリーンの細長い葉をもちます。
実の先端が鉤状になっており、種小名はギリシャ語の「釣り針」と「果物」に由来しています。
そのため、「フィッシュフック・アカシア」とも呼ばれます。
オーストラリア西部や北部に生育しており、樹高は約1~4mになります。

銀葉アカシア  別名:アカシア・バイレヤナ

銀葉アカシア

学名:Acacia baileyana

銀葉アカシアは沢山の黄色の花を咲かせ、青みのある羽状のシルバーリーフをもつアカシア(ミモザ)です。
ふわふわしたような優美な花は、花束やリース等のハンドメイド作品でとても人気があります。
花に加え、葉の形状や色合いが美しく、花束の素材やシンボルツリーとしても利用されます。
英国王立園芸協会からは庭での植栽で優れた植物だと評価されています。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約5~12mになります。

銀葉アカシア・プルプレア

銀葉アカシア・プルプレア

学名:Acacia baileyana var. purpurea
syn:Acacia baileyana purpurea

銀葉アカシア・プルプレアは銀葉アカシアの亜種であり、美しい青みのある葉色に加え、新芽や秋の葉は見事な紫色です。
花は春頃に、銀葉アカシアに少し遅れて、咲き始めます。
ふわふわしたような優美な花は、花束やリース等のハンドメイド作品で絶大な人気があります。
花だけでなく、葉の形状や葉の色合いは美しく、花束の素材や庭園の木としても利用されます。
オーストラリアに生育しており、樹高は約5~10mになります。

アカシア・ビネルヴァタ   別名:ツーヴェインヒッコリー

アカシア・ビネルヴァタ

学名:Acacia binervata

アカシア・ビネルヴァタ は小~中型のミモザ(アカシア)であり、ボール状の沢山のクリーム色の花を咲かせます。
スリムな楕円形の葉には、「2筋の葉脈」があることが特徴的です。
そのため、ツーヴェイン・ヒッコリー(二つの葉脈のアカシア)とも呼ばれます。
生育地では、砂地や岩場、森林周辺で生育しています。
オーストラリア東海岸に生育しており、樹高は約5~15mになります。

アカシア・ブラキボトリヤ  別名:グレイワトル

アカシア・ブラキボトリヤ

学名:Acacia brachybotrya

アカシア・ブラキボトリヤは小型のミモザ(アカシア)であり、ボール状の沢山の黄色い花を咲かせます。
ライトグレーの色合いを帯びた、小さな卵型の葉をもちます。
生育地では、砂地や岩地だけでなく、様々な土壌で生育しています。
種小名はギリシャ語で「ブラキ(短い)」と「ボトリ(房)」を意味し、「短い花柄」を表しています。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約1~3mになります。

アカシア・コグナータ  別名:リバーワトル

アカシア・コグナータ

学名:Acacia cognata

アカシア・コグナータは小~中型のミモザ(アカシア)であり、穂状の沢山の黄色い花を咲かせます。
細長い葉を持ち、葉枝が枝垂れるような樹形になります。
生育地では、乾燥した森林などの砂質の土壌で見られます。
本種類を基にして、アカシアの様々な園芸種が生まれています。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約1~10mになります。

アカシア・コンフェルタ  別名:ゴールデントップ

アカシア・コンフェルタ

学名:Acacia conferta

アカシア・コンフェルタは小型のミモザ(アカシア)であり、ボール状の沢山の黄色い花を咲かせます。
小さな細い葉が個性的であり、オーストラリアでは観賞用や花束の素材として利用されます。
ある程度成長すると、丸みを帯びた樹形になります。
芳香がある花は、エッセンシャルオイルとして利用されることがあります。
オーストラリア東部に生育しており、樹高は約2~4mになります。

アカシア・コンフューサ  別名:相思樹(ソウシジュ)

アカシア・コンフューサ

学名:Acacia confusa

アカシア・コンフューサは中型のミモザ(アカシア)であり、長細い葉を持ち、ボール状の沢山の黄色い花を咲かせます。
「相思樹」という名前は、中国の春秋時代の恋物語が由来とされています。
原産地の台湾では木材から楽器や家具を作ったり、お茶や漢方薬としても用いられました。
ハワイなどの温かい国々や、日本でも沖縄本島や西表島で見られます。
台湾やフィリピンに生育しており、樹高は約6~15mになります。

アカシア・コベニー  別名:ブルーブッシュ

アカシア・コベニー

学名:Acacia covenyi

アカシア・コベニーは小・中型のミモザ(アカシア)であり、穂状の沢山の黄色い花を咲かせます。
見事な花に加え、シルバーブルーの小柄の葉は美しく、観賞用や花束の素材として利用されます。
花や葉が美しく、中小型の木であり、丈夫なことから、庭のシンボルツリーにも使われています。
オーストラリアのニューサウスウェールズ州に生育しており、樹高は約2~8mになります。

アカシア・カウレアナ  別名:ホールズクリークワトル

アカシア・カウレアナ

学名:Acacia cowleana

アカシア・カウレアナは小型のミモザ(アカシア)であり、長細い穂状の黄色い花を咲かせます。
葉枝は真っ直ぐに伸び、翼のように淡い緑色の長葉を広げます。
砂漠や乾燥した低木地帯に生育しており、栄養の乏しい土壌でたくましく育ちます。
オーストラリア北部や中央部に生育しており、樹高は約1~4mになります。

三角葉アカシア  別名:アカシア・カルトリフォラミス

三角葉アカシア

学名:Acacia cultriformis

三角葉アカシアはコンパクトな三角形の葉が特徴的な、小~中型のアカシア(ミモザ)です。
ユニークな葉枝に加え、ボリュームのある花も咲かせ、花束の材料として利用されています。
比較的丈夫であり、ガーデニングの植物としても広く利用されています。
遠目では、ギザギザとした樹形にも見え、独特の雰囲気を醸し出します。
オーストラリア東部に生育しており、樹高は約3~4mになります。

フサアカシア  別名:シルバーワトル

フサアカシア

学名:Acacia dealbata

フサアカシアは沢山の黄色の花を咲かせ、羽状の葉をもつ中型のアカシア(ミモザ)です。
世界中で栽培され、ヨーロッパ等でも花束として利用されています。
花からの精油は、香水や石鹸、化粧品などにも利用されています。
英国王立園芸協会からは庭での植栽で優れた植物だと評価されています。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約20~30mになります。

アカシア・デコラ  別名:ショーウィーワトル

アカシア・デコラ

学名:Acacia decora

アカシア・デコラは小型のミモザであり、ボール状の沢山の黄色い花を咲かせます。
ショーウィーワトル(華やかなアカシア)とも呼ばれ、沢山の花を咲かせます。
楕円形の葉を持ち、若い小枝は赤褐色で光沢があります。
名前の「デコラ」はラテン語の「decorus」(優雅)を意味します。
オーストラリア東部に生育しており、樹高は約1~4mになります。

アカシア・デカレンス  別名: ブラックワトル、アーリーグリーンワトル

アカシア・デカレンス

学名:Acacia decurrens

アカシア・デカレンスは中型のミモザ(アカシア)であり、ボール状の沢山の黄色い花を咲かせます。
オーストラリアでは、冬に開花し、「アーリーグリーンワトル」とも呼ばれます。
オーストラリアでは冬の終わりに咲くことから、アボリジニは春の訪れの花として捉えました。
花はエッセンシャルオイルや、フリッターとして利用されることがあります。
オーストラリア南東部やタスマニア島に生育しており、樹高は約10~15mになります。

アカシア・デュルモンディ・エレガンス

アカシア・デュルモンディ・エレガンス

学名:Acacia drummondi ssp. elegans

アカシア・デュルモンディ・エレガンス は穂状の花を咲かせる、小型のアカシア(ミモザ)です。
アカシアの中でも特に小型な種類であり、コンパクトな樹形、コンパクトな葉も特徴的です。
オーストラリア等では、観賞用の花木として利用されています。
西オーストラリアの南西部に生育しており、樹高は約1~2mになります。

アカシア・ファルネシアナ  別名:金合歓(キンゴウカン)、スウィートアカシア

アカシア・ファルネシアナ

学名:Acacia farnesiana

アカシア・ファルネシアナはスウィート(甘い)アカシアとも呼ばれ、黄色い花からは甘い香りがあります。
花からは精油が取れ、ヨーロッパでは香水としても使われています。
観賞用や庭木として植えられるほか、花束にも利用されています。
かつて、アボリジニは葉や花、種子、樹脂をお菓子や伝統医療に利用しました。
中央アメリカやオーストラリアに生育しており、樹高は約4~8mになります。

アカシア・イテアフィラ  別名:ポートリンカーンワトル

アカシア・イテアフィラ

学名:Acacia iteaphylla

アカシア・イテアフィラは細長い柳葉と枝垂れる樹形が特徴的で、枝垂れ花にもなる、小型のアカシア(ミモザ)です。
種小名の「イテアフィラ」は、ギリシア語の「柳」と「葉」を示しています。
乾燥にも強く、耐寒性や耐塩性があり、庭園の生垣や防風林としても利用されることがあります。
雄大な峡谷として知られるフリンダース山脈にも分布しています。
オーストラリア南部に生育しており、樹高は約3~5mになります。

アカシア・ジュンシフォリア  別名:ラッシュリーフ・ワトル

アカシア・ジュンシフォリア

学名:Acacia juncifolia

アカシア・ジュンシフォリアはとても細長い葉が特徴的な、小型のアカシア(ミモザ)です。
種小名は「イグサ」と「葉」を意味し、見た目がイグサの葉に似ていることを示しています。
ラッシュリーフ(イグサの葉)・ワトルとも呼ばれます。
生育地では、森林や沿岸部の砂質状の土壌などに生育しています。
オーストラリア北東部に生育しており、樹高は約2~3mになります。

アカシア・ロンギフォリア  別名:ナガバアカシア、ゴールデン・ワトル

アカシア・ロンギフォリア

学名:Acacia longifolia

アカシア・ロンギフォリアは小~中型のアカシア(ミモザ)であり、明るい黄色い花を咲かせます。
「ナガバアカシア」と呼ばれ、長細い笹状の葉を翼のように広げます。
成長すると柳のように枝垂れ、日本では「柳葉アカシア」と呼ばれることがあります。
成長速度が速く、丈夫な種類のアカシアです。
オーストラリアの南東部やタスマニア島に生育しており、樹高は約2~8mになります。

アカシア・メアンシー  別名:モリシマアカシア

アカシア・メアンシー

学名:Acacia mearnsii

アカシア・メアンシーは中型のミモザ(アカシア)であり、淡い黄色の花を咲かせます。
羽状の葉葉を持ち、成長が早く、寒さにも強い丈夫な種類です。
かつて、アボリジニが薬用や食用としたり、道具としても使用してきました。
植栽用や木材用として利用され、インドや東南アジア、ハワイ等にも自生するようになりました。
オーストラリアの南東部とタスマニア島に生育しており、樹高は約6~15mになります。

パールアカシア  別名:アカシア・ポダリリーフォリア

パールアカシア

学名:Acacia podalyriifolia
syn:Acacia podalyrifolia

パールアカシアは銀色帯びた明るい色合いの丸葉を持つ、小~中型のアカシア(ミモザ)です。
初春頃に、ボリュームのある穂状の黄色い花を咲かせます。
花に加え、美しい葉枝をもつことから、花束の材料や、ガーデニングで人気の高い種類です。
ドライフラワーとして、リースやスワッグ等の作品づくりにも使用されています。
オーストラリア南東部や北東部に生育しており、樹高は約3~6mになります。

アカシア・プラビッシマ  別名:オーブンズワトル

アカシア・プラビッシマ

学名:Acacia pravissima

アカシア・プラビッシマは小型のミモザ(アカシア)であり、ボール状の沢山の黄色い花を咲かせます。
しなやかに湾曲する枝に、やや丸みを帯びた三角の小さな葉を付けることが特徴的です。
「プラビッシマ」はラテン語の「非常に曲がった」に由来し、特徴的な葉と枝の様子を表します。
枝垂れ花のようにも仕立てることができます。
オーストラリアの南東部とタスマニア島に生育しており、樹高は約1~3mになります。

アカシア・プロミネン  別名:ゴールデンレインワトル

アカシア・プロミネン

学名:Acacia prominens

アカシア・プロミネンは中~大型のミモザ(アカシア)であり、ボール状の沢山の黄色い花を咲かせます。
長細くてスリムで、コンパクトな小葉をもちます。
オーストラリアでは、鑑賞用として庭園や公園に植えられています。
オーストラリア南東部に生育しており、樹高は約5~20mになります。

アカシア・サリグナ  別名:アカシア・シアノフィラ

アカシア・サリグナ

学名:Acacia saligna
syn:Acacia cyanophylla

アカシア・サリグナは小~中型のミモザ(アカシア)であり、ボール状の沢山の黄色い花を咲かせます。
長細い笹状の葉をもち、枝は枝垂れる傾向があります。
庭木や街路樹として植樹されるほか、羊毛を黄色に染める用途に使われました。
育つのが早く、砂地や岩場などの様々な土壌で育つことができます。
オーストラリア南東部や南西部に生育しており、樹高は約2~8mになります。

アカシア・セネガル  別名:アラビアゴムノキ

アカシア・セネガル

学名:Acacia senegal

アカシア・セネガルは化粧品・薬・食品の原料等で用いられる「アラビアガム」という樹脂で有名な、中型のミモザ(アカシア)です。
黄白色の花を咲かせ、羽状の小さめの葉と、鉤状のとげのある枝をもちます。
千年以上前から栽培され、重要な輸出産物になり、人々の生活の重要な役割を担っています。
サブサハラアフリカ、オマーン、パキスタンなどに生育しており、樹高は約5~12mになります。

アカシア・スペクタビリス  別名:マッジー・ワトル

アカシア・スペクタビリス

学名:Acacia spectabilis

アカシア・スペクタビリスは黄色い穂状の花を咲かせ、羽状の葉を持つ、小~中型のアカシア(ミモザ)です。
ボリュームのある花を咲かせ、耐寒性もあり、丈夫です。
日本でもガーデニングの花木として広く知られています。
小さな丸い葉が沢山集まったような、マメ科特有の羽状の葉も特徴的です。
オーストラリア北東部に生育しており、樹高は約3~6mになります。

アカシア・ウンシナータ

アカシア・ウンシナータ

学名:Acacia uncinata

アカシア・ウンシナータは黃色の穂状の花を咲かせ、丸い葉を持つ、小型のアカシア(ミモザ)です。
やや湾曲した小さな丸みのある葉が特徴的です。
種小名の「ウンシナータ」は、葉の湾曲した様子を意味します。
生育地では、森林や丘などの砂質状の土壌で見られます。
オーストラリア北東部に生育しており、樹高は約1~3mになります。

アカシア・ヴェスティータ  別名:ウィーピング ・アカシア

アカシア・ヴェスティータ

学名:Acacia vestita

アカシア・ヴェスティータは黄色い花を沢山咲かせ、枝垂れ花になる、小型のミモザ(アカシア)です。
青みのあるレモン型の小さな葉をもち、成長すると枝垂れる樹形になります。
枝垂れ花として美しく、小型であり、庭園の木として植樹されています。
「ヴェスティータ」は「服を着た」に由来し、枝葉の葉毛を表しています。
オーストラリア南西部のニューサウスウェールズ州に生育しており、樹高は約1~3mになります。

目次